新潟市近郊にお住まいの方へ!リフォームに引き戸をオススメする理由を紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「リフォームでドアをどのタイプにしようか迷っている。」
このようなお悩みをお持ちではありませんか?
そんな方にオススメなのが引き戸です。
ドアを引き戸にすることで様々なメリットがあります。
そこで今回は、部屋のドアを引き戸にするメリットと、引き戸にするのに適した部屋について紹介します。

□ドアを開き戸から引き戸へ変更するメリット

部屋のドアは大きく分けると開き戸と引き戸の二種類がありますが、開き戸の場合はドアが開く方向に家具をおくスペースがないという点がデメリットです。
ドアを引き戸にすることで、その分のスペースを確保できます。
他にも、引き戸にするとベビーカーや車椅子などの出し入れがスムーズになります。
さらに、車椅子で生活する人はドアが引き戸だと開き戸よりも開閉がスムーズに行えるため快適に生活できるという点がメリットです。

 

□引き戸の種類とそれぞれ適した部屋

*片引き戸

片引き戸は、引き戸の中でも最もスタンダードな形となります。
様々な部屋で使用でき、比較的費用も安くなるといった特徴があります。
しかし、片引き戸を設置しようと思うとドアをスライドさせる分の壁のスペースが必要です。
片引き戸の中でも、扉が壁の中に収納される設計のものであればスペースがあまり確保できなくても設置できます。
しかし、引き戸を収納するスペースに埃がたまりやすいというデメリットがあります。
この設計の引き戸は玄関やリビングのほか、キッチンやトイレなどの狭い部屋によく用いられています。

*引き違い戸

引き違い戸は二枚または三枚分の扉のスペースを設置して左右両方から開けられるようになっている引き戸です。
この引き違い戸も片開き戸と同様に大きく普及している引き戸です。
実際には玄関やリビングなどに多く用いられており、リビングとダイニングを仕切る目的でも使われることがあります。

*両引き戸

両引き度とは二枚の扉を両側に開くことで、扉を開けた時に広くスペースを取れます。
広い玄関やリビングとダイニングの仕切りとして用いられることが多い両引き戸ですが、狭いスペースに設置するとかえって窮屈に感じてしまうので、そのような場合は片引き戸などの引き戸の方が良いでしょう。

□まとめ

今回は部屋のドアを引き戸にするメリットと、引き戸にするのに適した部屋について紹介しました。
引き戸といっても色々な種類があります。
予算や目的に合わせていくつかの引き戸を比較検討してみても良いかもしれません。
新潟市近郊にお住まいの方で実際にリフォームを検討されている方は、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。