新潟市近郊にお住みの方に伝えたい!平屋のおすすめの間取りをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋で生活することを決めた後によくある悩みとして、どのような間取りにすれば良いかが分からないことが挙げられます。
他の建物を参考にするのも1つの方法ですが、平屋の特徴を理解する前に決めてしまうと失敗の原因となることもあります。
そこで今回は、平屋のおすすめの間取りについて新潟市近郊の方向けに紹介します。

□平屋のおすすめの間取りとは

ここでは、平屋のおすすめの間取りを紹介します。
平屋の間取りを考える際には、廊下を少なくして部屋同士の距離を近づけることと、明るさを部屋の内部に取り入れることを意識しましょう。
それでは具体的な工夫を見てみましょう。

*外部との連続性を取り入れる

屋外とリビングに連続性を持たせると、広さおよび開放感を感じられます。
平屋の場合、元々屋外との距離が近いのでこの強みを十分に生かせるでしょう。
また、床に連続性を持たせると部屋が実際よりも大きく感じられます。

*窓から自然を感じられるようにする

具体的な方法として、平屋の周囲全体に緑を設置する方法と、各々の窓から見える範囲に緑を取り込む方法に分けられます。

ガーデニングなどの趣味をお持ちの方であれば平屋全体に緑を設置すれば良いでしょう。
たとえあまり庭に興味が無くても、緑には癒しの効果があるので窓から見える範囲に緑を設置することをおすすめします。

緑に限らず、花や小鳥、岩や山などの自然を感じられるものであれば癒しになるので、ひとまず設置してみてはいかがでしょうか。

□平屋の間取りを考える際の注意点

ここでは平屋の間取りを考える際に気を付ける必要があることを紹介します。
先ほど述べたような工夫に意識を向けすぎるとついつい忘れてしまうことも多いので気を付けましょう。

まず、家族間のプライバシーにも気を配るようにして下さい。
平屋の良さは個人のプライバシーと家族間の会話を両立できる点なので、必ず双方が満たされることを確認するようにしましょう。

次に、コストが高くなりすぎないように注意したほうが良いでしょう。
家にこだわり過ぎると予算を大幅に超えてしまうこともあります。
事前に優先順位を決めておくのが賢明でしょう。

最後に、屋根の断熱対策を施すようにして下さい。
特にロフトを設置するのであれば、熱中症対策の面でも必須と言えるでしょう。

□まとめ

今回は新潟市近郊にお住まいの方に向けて平屋のおすすめの間取りについて紹介しました。
平屋の特徴である家の外の環境との心的距離の近さを生かした間取りにして、趣を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。