新潟市近郊に在住の方へ!平屋の家事動線を考えるコツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋の家事動線の重要性についてご存じでしょうか。
平屋は、2階建ての家と比べて家の面積が広くなる傾向にあります。
広い家を行ったり来たりしていては、忙しい家事の負担が増えてしまいますよね。
今回は、平屋の家事動線の考え方について解説いたします。

□家事動線を良くすることのメリットとは

家事動線を良くすることのメリットは、家事の効率の向上と、工事費用の削減の2点です。

*家事効率の向上

家事動線を良くするとは、家事の際の移動距離や手間を省くことです。
特に平屋は、2階建てと比べて家の面積が広くなる傾向にあります。
そのため、動線を考えずに家を建てると、家事の際に長い距離を移動することになります。
毎日のことですので、家事効率は少しでも高い方が良いでしょう。

全ての家事の動線を考える上で大事なポイントは、家事の一連の流れを考え、その際の移動距離を短くすることです。
洗濯、料理など、多くの作業を要する家事では、一連の流れがスムーズに行えるようにしましょう。

*工事費用の削減

家事動線や生活動線を良くすることで、家を建てる際の工事費用の削減にも繋がるでしょう。
家事は、基本的に水回りを使うことが多いですよね。
キッチン、洗濯機、洗面所など水回りの距離を近づけることで、工事の際の配管が単純になります。
すると、複雑な配管と比べて工事費用は下がります。

□家事動線で優先的に考慮すべきポイントとは

優先的に考慮すべきポイントは、キッチンと洗濯でしょう。

キッチンは、調理手順をイメージし、細かく動線を考えましょう。
また、朝の忙しい時間を想定すると、キッチン、洗面所、トイレからリビングをぐるりと一周できることが望ましいでしょう。
このような「回遊動線」により、行ったり来たりする手間が省けます。
他にも、玄関からあまりに離れた場所へのキッチンを配置することは避けるべきでしょう。
重い食材を買って帰ってきたときに運ぶのが一苦労です。

洗濯は、脱衣所と洗濯機の場所をまとめるだけでは不十分かもしれません。
洗濯し、干してから取り込むまでの一連の流れを考えるべきでしょう。
特に、干す場所を出来るだけ近くに配置すると、洗って濡れている洗濯物を運ぶ手間が省けます。

□まとめ

家事動線について解説いたしました。
まず、動線を良くしようとすると必然的に水回りは近くに集まりやすいです。
そうすることで、工事の際にも配管を集めやすく、工事費の削減にも繋がります。
また、洗濯の動線とキッチンの動線は優先的に考えると良いでしょう。
朝の忙しい時間を少しでも楽にできるよう検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。