新潟市近郊に在住の方へ!平屋の屋根裏の活用法をご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋をご検討の方は必見です。
平屋の屋根裏の活用法とはどのようなものなのでしょうか。
屋根裏やロフト付きの平屋を検討している方は多いと思います。
そのため、活用法について知っておきたいですよね。
では、具体的に平屋の屋根裏、ロフトの活用法を見ていきましょう。

□平屋の屋根裏の使い方とは

構造が単調になりがちな平屋において、魅力的な選択肢と言えば屋根裏、ロフトでしょう。
主な活用法を紹介しましょう。

*個室としての利用

1階部分とは切り離されているため、パーソナルスペースとして利用できます。
具体的には、小さい子供の遊び場や趣味をする部屋としての利用がおすすめです。
特に子供にとっては、狭い空間は楽しいものです。
また、小さめの書斎や趣味を楽しむ部屋として使えるでしょう。
好きな音楽や映画鑑賞など、自由に楽しめる空間は魅力的です。
他にも、家事や運動を楽しむワーキングスペースとしての利用も考えられます。

*セカンドリビングとしての利用

リビングを2つ持つことは意外と便利です。
特に、来客時にゆっくりできるスペースとして便利でしょう。
また、来客時にペットを置いておくスペースとしても使えます。

*収納スペースとしての利用

屋根裏は収納スペースとしては大変便利です。
外に置けない物や、普段使わない物を置いておけるスペースは重要ですよね。

また、平屋に多い勾配天井のデッドスペースを有効活用できるという利点もあります。
狭い空間でも、収納として活用することで部屋を広く使いましょう。

□屋根裏を設ける際の注意点とは

1番の注意点として、部屋が暑くなりやすいことが挙げられます。
夏場は、屋根から伝わる熱がたまりやすくなってしまいます。
屋根の断熱や空気の循環には注意しましょう。

2つ目は、安全上の注意点が挙げられます。
ロフトの場合は柵を設置するなど、特にお子さんの安全には十分注意しましょう。
また、基本的には移動は梯子ですので、大きい荷物を収納する際は注意しましょう。

最後に、高さの制限には注意しましょう。
建築基準法において1階とカウントされないためには、高さが1.4メートル以下でないといけません。
この高さを超えると、家にかかる税金が高くなってしまうため十分に確認しましょう。

□まとめ

この記事で紹介したように、平屋の活用法は様々です。
書斎や子供部屋など、個室としての利用が考えられます。
セカンドリビングとしては、様々なタイミングで活躍するでしょう。
収納スペースを広くしたい方にも便利な設備でしょう。
暑くなりやすいことや安全性などに注意して、屋根裏を有効活用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。