新潟市近郊の方へ!実家のリフォームのバリアフリーについて解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

親孝行のために実家をリフォームするとなるとどこをリフォームすればいいのか難しいですよね。
バリアフリー化を徹底しないと、あとで取り付けられるものであれば大丈夫ですが、工事が必要となると大変です。
そこで、親孝行リフォームのバリアフリー化について紹介します。

□親孝行リフォームのポイントを紹介します

親孝行リフォームの目的は、両親が自立した生活をおくれることです。
自立した生活をおくるためにはバリアフリーな家が必要ですよね。
親孝行リフォームのポイントは、段差の解消・手すりの取り付け・滑らない床にする・低い設計にするの4つです。
段差があるとつまずくかもしれません。

車椅子を使用することになれば段差は非常に危険です。
車椅子で転倒してしまうと、とても自力で立ち上がれません。
手すりの取り付けが必要なのは、高齢者は足に力がはいらない場合に手すりがあると腕の力も使えるからです。
無理に立ち上がろうとすると腰に負担がかかり、どんどん腰が悪化してしまうでしょう。
腰は悪化すると癖になってしまうので腰に負担をかける設計は避けたいですね。

車椅子に乗ることを想定して、低い設計にすることも重要です。
車椅子に乗ったままでも楽に手がとどく位置にスイッチを下げましょう。
お風呂では手すりの取り付けはもちろん、湯船の高さも低くしましょう。

小さな障害であっても高齢者にとっては大きいものです。
気づかいを形にした設計にしましょう。

□一戸建てとマンションのバリアフリーの違い

一戸建てマンションではバリアフリーではリフォームのポイントが異なります。
それぞれ紹介していきます。

*一戸建てのバリアフリー

一戸建ては自由度が非常に高いです。
マンションとは違い家の玄関までの段差をなくしてスロープにできます。
玄関以外から家に入れるようにすれば非常に障害が少なくなるでしょう。

*マンションのバリアフリー

マンションの共用部分は変更できないので玄関から内側の障害をなくすことに専念しましょう。
廊下は車椅子が通れる幅は確保が必要です。
一戸建て・マンションに関わらず、万が一の転倒に備えクッションフロアにすることをおすすめしています。

□まとめ

実家のリフォームは小さな障害を見逃さずに両親が自立した生活をおくれるようにすることが重要でしたね。
また、車椅子を使用することを想定することが大切です。
日常生活でふんばる動作を考えたり、車椅子に座ったまま日常生活にできるだけ支障のないようにするには何が必要か考え、気づかいのできた設計にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。