新潟市近郊の方へ!実家のリフォームの時期について解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市近郊にお住いの方必見です。
実家のリフォーム時期について考えたことはありませんか。
いつリフォームをする必要があるのか、その時期がわかない方が多いのではないでしょうか。
ここでは、実家のリフォーム時期について詳しく紹介します。

□リフォームの時期が大切な理由を紹介します

建物の老朽や工事を見て見ぬふりしておくと修復作業が非常に大変になり、工事代が高額になるでしょう。
その工事が一部屋であろうと、リフォームの期間が長いと生活に支障が出てしまって困りますよね。
例えばリビングやお風呂の工事の場合、その間の食事や入浴をどうするのか考える必要があります。

このように、急なリフォーム工事にならないためには定期的なメンテナンスを行って、適切なリフォーム時期を判断することが重要になるでしょう。
メンテナンスで何か異常があった場合はすぐに対応することが、快適で安全な暮らしを保って余計な出費を防ぎます。

□築年数ごとに必要なリフォームを紹介します!

建物には、部分ごとによって寿命が存在します。
先程紹介したように、壊れてから対応していると工事代が非常に高くなってしまうでしょう。
つまり、メンテナンスの時期を知る必要があります。
ここでは、住宅の築年数ごとに必要なリフォームを見ていきましょう。

まずは、築5年から10年の場合です。
比較的建てられてからまだ新しいですが、小さな部分の汚れや壊れが気になってくる時期でしょう。
天井やドア、壁を意識して、気になったら早めのリフォームをおすすめします。

次に、築10年から15年です。
この時期は特に水まわりと外の木部や鉄部に注意しましょう。
水まわりは湿気で劣化しやすいため、キッチンやお風呂、トイレ、洗面台に不具合が出ていないか確認して下さい。
外の木部や鉄部で、表面上の劣化の場合は簡単な工事で済みますが、中まで劣化している工事代が高くなるので気を付けましょう。

次は築15年から20年の場合です。
この時期は、最初の大きな修繕時期と言われています。
自分が普段生活していて見えない箇所が老朽化し始めるので、この時期に大規模修繕を行い、家の寿命を延ばしてあげましょう。

最後に築20年から30年の場合です。
家の耐久年数と言われるこの時期は、今までのメンテナンスによって対応が異なります。
自分の生活に合わせて、間取りを変更することも視野に入れてみると良いでしょう。

□まとめ

実家のリフォーム時期を紹介しました。
老朽化が進むにつれて工事が難航し、費用が高くなってしまうため、適切な時期に適切なリフォームを行いましょう。
リフォーム以外にも、住宅について何かお悩みのことございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。