新潟市近郊の方へ!平屋のキッチンについて解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リフォームの際、キッチンのリフォームでは奥様の要望を叶えたいですよね。
新潟市近郊でリフォームを担当している当社が、平屋のキッチンについて解説します。

□平屋のキッチンは、形・動線・デザインで決まる

キッチンでは多くの要望があるでしょう。
その本質である平屋のキッチンを構成する3つの要素について解説します。

*キッチンの形

キッチンは、I型・アイランド型・L字型・ペニンシュラ型が有名でしょう。
I型はもっともシンプルで、コンロ・調理台・シンクが横一列に並びます。
アイランド型は、壁に面さないキッチンで動きやすく、開放感あふれるキッチンです。
アイランド型が憧れの方も多いでしょう。

L字型は名前の通りL字の形のキッチンなので、動かずに楽に調理ができます。
ペニンシュラ型はキッチンの横の面が壁にくっついているキッチンです。
対面チッキンでバーのような雰囲気があるのでとてもおしゃれですね。

*動線

平屋では、全体を見渡す中央にキッチンがあれば理想的な導線を確保できます。
キッチンで料理中にインターホンがなってもすぐに確認できるようにモニターをキッチンから見えるようにしたり、煮込んでる間に他の家事ができるようにするなどの動線は非常に重要です。

*デザイン

料理を楽しみたい奥様がほとんどですよね。
料理するときにキッチンが好みのデザインだと気分も上がり幸せな生活をおくれるでしょう。
料理が楽しみになると、様々な料理に挑戦してみたくなるものです。
まずはデザインから考えるのも良いですね。

□キッチンリフォームでの失敗例

キッチンリフォームの完了後に後悔した人たちから失敗を学びあなたは後悔のないキッチンにしましょう。
キッチンリフォームで多い失敗は、必要のない設備をつけた・キッチンが暗くなってしまった・狭いキッチンになったの3つです。
設備をつけるならいつもしていることが設備をつければ楽になるようなら良いかもしれませんが、憧れだけでつけてしまうと使わないかもしれません。
実際に使用することを想定して設備を考えましょう。

モデルルームなどで雰囲気のある照明のキッチンなどがあります。
ペンダントライトであえて明るくしないことで落ち着いた雰囲気が出るでしょう。
しかし、これも憧れだけでこのようなキッチンにしてしまうとただ薄暗いキッチンになってしまいます。

そしてもっとも困るのは狭いキッチンです。
ゴミ箱のスペースや、冷蔵庫などのスペースを忘れてしまい使いにくいキッチンとなってしまう場合です。
こうなってしまえば、どうしようもありません。
特に注意しましょう。

□まとめ

平屋におけるキッチンリフォームについて3つの本質と3つの失敗例についてよくわかったと思います。
憧れだけで考えるのではなく、実際に使用することをよく考えて失敗しないリフォームにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。