新潟市近郊の方へ!平屋の天窓のメリットとデメリットについて解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟で平屋を検討中の方は必見です。
平屋の天窓について知りたい方は多くいらっしゃると思います。
天窓のメリットとデメリットについて知らずに設置して後悔したくないですよね。
この記事では、天窓のメリットとデメリットについて解説していきます。

□天窓のメリットとは

天窓の設置を検討するにあたり、良い点と良くない点を両方知っておくべきでしょう。

まず、1番のメリットは採光でしょう。
平屋は、造りによっては採光が難しい場所が生まれます。
そのような悩みを解決してくれるのは天窓でしょう。
壁の窓と比べて多くの光を取り込めます。
部屋の中でもしっかりと日光に当たり、健康に暮らしましょう。

また、風通しを良くするためにも有効でしょう。
採光が難しいことと同様に、平屋の場合は風通しに関しても難しさがあります。
空気の通り道を作りやすくして、部屋の風通しを良くしましょう。
基本的には、風通しを良くするには、高さの異なる窓をいくつか配置すると良いです。
そのため、天窓と壁の窓の間で良好な風通しが実現できるでしょう。
夏場の熱い空気は上部にたまるため、換気が簡単という点でも効果が期待できるでしょう。

プライバシーを守りやすい点も大きなメリットですよね。
平屋の場合は特に、人の視線が気になって広い窓を設置しにくいでしょう。
風通し、採光といった窓の役割を果たしつつ、外からの視線も気にしなくていい点は魅力です。

□天窓のデメリットとは

まず、夏に暑くなりやすいことが挙げられます。
日光がよく入ってくることの裏返しとして、日光による暑さは避けられません。
時期に応じて、遮光が必要となるでしょう。
天窓の場合は特に、窓の断熱性能に注意を払いましょう。

雨音が気になるということも考えられます。
基本的に、音が大きすぎて生活ができないというほどではないでしょう。
しかし、音に敏感な方や、寝室や書斎への設置をお考えの方は注意すべきでしょう。

メンテナンスに注意する必要性が高いことも挙げられます。
普通の窓と同様、劣化は避けられませんので定期的なメンテナンスが必要です。
天窓の場合、紫外線の影響を強く受けるため劣化が進行しやすいため注意しましょう。

他にも、掃除に手間がかかることなどは注意点として数えられます。

□まとめ

天窓のメリットとデメリットについて知っていただけたでしょうか。
メリットは風通しや採光など、平屋の弱点を消してくれる点です。
また、プライバシーの確保がしやすいことも魅力です。
一方、注意点は夏の暑さや雨音などでしょう。
これらを参考に天窓の設置を検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。