新潟市近郊の方へ!平屋の暑さ対策について解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋が暑すぎると感じたことはありませんか。
平屋はしっかりと暑さ対策を行うことで、快適に過ごせるようになります。
ここでは、平屋の暑さ対策について、新潟市近郊の住宅会社が詳しく紹介します。

□外よりも家の中が不快に感じる原因とは

夏の夜に部屋が暑すぎて眠れない、家が暑くて食欲がなくなるといった経験はありませんか。
平屋の暑さ対策について知る前に、まずは外よりも家の中が不快に感じる原因を紹介します。
原因としては2つあるため、順番に見ていきましょう。

1つ目は、外から入った熱が逃げていかないことです。
家の中は、屋根や壁に囲まれているため、外から入った熱が逃げていきにくいです。
そのため、熱がこもり、外より暑く感じてしまうでしょう。

特に鉄筋コンクリートの家は、昼に熱をため込んで夜に放出するので1日中暑苦しくなります。
涼しそうにみえる木造住宅であっても、天井から熱が流れたり、太陽が直接当たったりするため、家の温度は着実に上がっているでしょう。
この熱が家の中に入ることで、外より暑苦しい状況を生んでいるのです。

2つ目は、部屋の中に温度差があることです。
暑いので冷房をつけたが、今度は寒くなり冷房を弱めるということを繰り返したことはありませんか。
この現象は、部屋の中の温度が頭と足元で異なっているためです。

この温度差は、屋根の熱が天井入り込み部屋の上の部分を暑くしていることから生まれます。
しかし、冷房の冷たい空気は下にたまるため、部屋の中で温度が異なってしまうのでしょう。

□平屋の暑さ対策を紹介します!

暑さの原因について理解したところで、ここでは具体的な平屋の暑さ対策を紹介しましょう。
平屋の暑さ対策は2つあると言われています。

1つ目は、窓ガラスを遮熱性の高いものにすることです。
熱が部屋に入ってくるときの入り口は、ほとんどは窓であることをご存知ですか。
窓は太陽の光を取り込んで、住宅を明るくしてくれますが、光とともに熱まで運んできます。
太陽の熱はかなり住宅の気温を高めるため、遮熱性の高い窓を取り入れると良いでしょう。

2つ目は、軒やひさしを取り入れることです。
これは窓と同様に、外から太陽の熱を取り込まないための仕組みです。
軒やひさしは、夏の太陽光は取り込まずに、冬の低い太陽光は取り込んで暖かさを届けてくれるため、非常に優秀だといえるでしょう。

□まとめ

外よりも家の中が不快に感じる原因と、平屋の暑さ対策について紹介しました。
暑さ対策を行って平屋で快適な暮らしを手に入れてみませんか。
この記事が参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。