新潟市近郊の方へ!平屋の間取りに土間を取り入れるメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

古い日本家屋でよく見られる土間が見直されてきていることをご存知でしょうか。
その使い方もこれまでの固定概念にとらわれない方法が登場しています。
そこで今回は平屋の間取りに土間を取り入れるメリットを紹介します。

□土間を作るメリットとは

この章では土間を作るメリットを中心に紹介します。
冒頭でも紹介したように、土間本来の使い方とは別の新しい使い方が注目を集めています。

1つ目に紹介する使い方は、物置です。
釣竿やバイクなどの趣味に関連した道具は収納の場所を取りがちですが、土間があれば盗難や雨風に打たれる心配なく屋内にしまっておけるでしょう。

2つ目に紹介する使い方は、子どもの遊び場です。
親の目が届きつつも、子どもたちが元気いっぱいに遊べるという貴重な役割を土間は担ってくれるでしょう。

ここでは2つ紹介しましたが、土間は使い道が固定されていない空間でもあるので、自由に空間を利用できる点が魅力と言えるでしょう。

□平屋の間取りで土間を設置する際の注意点

ここまで土間の素晴らしさを中心に紹介しましたが、やはりいくつか注意する必要がある点も存在するので、ここでは土間を設置する際の注意点を2つに分けて紹介します。

*予算を超える可能性がある

通り抜けの土間があることで建物自体が予定よりも大きくなり、金額にも影響を及ぼすことがあるので十分に検討するようにしてください。

建物自体の大きさをそのままにしたまま土間を設置してしまうと、無駄なスペースが多い割には居住空間が狭いというバランスの悪い空間ができてしまうでしょう。
全体のイメージと予算を具体的に決めた後に、土間を設置するか否かを決めるようにしましょう。

*汚れや湿気の問題が生じやすい

外で使用する道具を持ち込むことが多いので、それ相応の汚れも付きやすい場所になります。
対策としては、床部分を滑りにくいタイル仕上げにすることや水道水栓と排水設備を設置することが挙げられるでしょう。

外気に触れる外のサッシと、部屋と土間部分を仕切るサッシとの間に土間があるので湿気の問題も生じやすいです。
調湿効果のある珪藻土などの自然素材を使用することで、ある程度は解決できます。

□まとめ

今回は新潟市近郊の方向けに平屋の間取りに土間を取り入れるメリットを紹介しました。
ゆとりある空間を生み出す土間は日本人の気性にもあった設備と言えるでしょう。
土間のある平屋住宅暮らしもいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。