新潟市近郊の方へ!平屋を新築する際の予算について解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市近郊で平屋をお考えの方は必見です。
平屋の工事費の目安についてはご存じでしょうか。
工事を依頼する前に、おおよその目安について知っておきましょう。
二階建てと費用を比較し、工事にかかる費用について詳しく確認しておきましょう。
今回は、新築の平屋にかかる予算について解説いたします。

□平屋の新築にかかる費用とは

平屋の新築にかかる費用は、目安としては本体価格1000万円程度の場合が多いでしょう。
最もシンプルな平屋の場合、本体価格が500万円台のものもありますが、ある程度の余裕を持って費用を検討しておきましょう。

*工事全体にかかる費用の内訳

一口に工事費用と言っても、費用はいくつかの種類に分かれます。
それらの内容を知っておくことで、検討がよりスムーズになるでしょう。

まずは、本体工事費用です。
建物自体を建てる費用で、これが工事費のメインと言えるでしょう。
割合では、全体のおよそ75%ほどを占めることが多いでしょう。

2つ目は、付帯工事費用です。
建物以外の部分の工事費用のことを指します。
具体的には、庭や外構、照明などの設備を取り付けるコストもここに含まれます。
割合としては15%ほどになり、意外と多いと感じられる方が多いでしょう。
以上の2つをまとめて、工事費用と呼ぶこともあります。

3つ目はその他の費用としてまとめられる部分です。
契約の際には印紙代がかかりますし、税金などの支払いが必要となる場合もあります。
割合としては少ないですが、5%以上はかかるとされていますので、余裕を持った資金計画が必要と言えるでしょう。

□二階建てと平屋はどちらが費用が掛かるのか

平屋と二階建てをも迷っている方もいらっしゃるでしょう。
結論から言うと、どちらが高いとは一概には言えません。
しかし、平屋の方が高いという考えと、安いという考えを知っておくことで、比較しやすくなるでしょう。

*平屋のほうが安いという考え

1階建てである分、壁の面積は少なくなりますし、階段の工事の必要もありません。
その分の費用が抑えられるという理由で、平屋の方が安くなることがあります。

*平屋の方が高いという考え

平屋は2階が無いぶん、土地面積が広くなりやすいです。
また、屋根の面積も広くなります。
土地代と屋根の工事費で、平屋の方が高くなることもあるでしょう。

□まとめ

新築の平屋にかかる費用の目安を紹介しました。
価格は様々ですが、当社の最もシンプルな平屋の場合、目安として500万円台と言えます。
費用の内訳は、本体価格と付帯工事費、その他の経費に分けられます。
また、二階建てと比べると、一概にどちらが高いとは言えないでしょう。
土地代によって合計の費用が変わるためです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。