最新の耐震リフォームで住宅を強くしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

災害大国の日本に住む上で避けられないのが地震による被害です。
これまで大規模な地震が起こる確率が低いと言われていた場所でも地震が発生しており、どこに住んでいても油断はできません。
そこで重要となってくるのが住宅の耐震性能です。できるだけ被害を最小限に抑えるためにも住宅の耐震化は欠かせません。
そこで今回は、最新の耐震性能、最新設備についてご紹介します。

□耐震性能は年々進化

地震大国である日本では日々耐震機能の開発が進められており、その性能は年々向上しています。
中でも性能が向上しているのが骨組の性能です。素材の頑丈さのみならず、結合方法も進化しており、揺れに耐える力が向上しています。
また、最近の家には揺れに「耐える」機能だけでなく、揺れを「逃がす」機能がついているため、従来よりも強いエネルギーに何度も耐えられる上、家全体が前回するリスクが大幅に軽減されています。

□揺れを「なくす」機能も進化

最近では、揺れに耐えるだけでなく、揺れ自体を無くしてしまおうという技術の開発が盛んに進められています。
そのひとつが柱に取り付ける「免震ゴム」です。柱の下に取り付けて柱に伝わる揺れを軽減、建物自体の揺れを抑えることで建物と中にいる人の安全を確保しようという技術で、各ゴムメーカーで盛んに研究、開発が進められています。
高層マンション用のみならず、一般住宅にも設置が進められているため、来る巨大地震にしっかり備えたいという方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

□自分の家は大丈夫?

耐震、免震機能を取り入れた現在の住宅は地震に対する強度が格段に違います。というのも、現在の耐震基準は巨大地震にも耐えうる基準に設定されているため、それ以下の基準の住宅は建てられないのです。ですから、各住宅メーカーは巨大地震にも耐えうる住宅の研究を行ってきました。
しかし、昭和57年以前の耐震基準だと震度5強程度にしか耐えられないため、それ以上の地震が来ると全壊してしまうかもしれません。昭和57年以前に住まいを建てられたという方はぜひ、これを機に自宅の耐震化をお考えになってはいかがでしょうか。

□おわりに

最新の耐震技術を持った家は、過去の巨大地震と同等レベルの地震の揺れにも耐えることができるため、いざという時にも安心です。
大切な家や家族を守るためにも、現在の耐震性能をチェックし、性能に不足があるのであれば最新の耐震、免震技術を導入してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。