エアコンの室外機の位置はどうすべき?平屋のエアコン事情についても解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平家でエアコンの効きが悪くてお困りの方も多いでしょう。
平家でエアコンのききを良くするためには、エアコンの性能を良くするだけでは解決しません。
今回は、平家のエアコン事情と室外機の位置についてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

平家のエアコン事情について

□平家のエアコン事情について

まず、平家にするとエアコンの効きが悪いと感じている方も多いでしょう。
平家のエアコンの効きが悪いのは、2階部分がないことが原因であるケースが多いです。

平家は、太陽の熱が直接伝わりやすいです。
そのため、エアコンの効きをよくするためにも断熱機能を高める必要があります。
屋根、壁、床、サッシ、扉などの断熱機能を高めなければ、どれだけエアコンの温度を下げても涼しくなりません。

また、部屋の区切りが少ないという方もいらっしゃるでしょう。
その場合、エアコンが冷やす空間が広くてエアコンが効きにくい原因になってしまいます。
部屋が広すぎると、エアコンに負担がかかってしまいます。

では、どのようなエアコンを選ぶと良いのでしょうか。

それは、どのくらいの広さの部屋を冷やせるかどうかです。
平家の場合は、冷房と書かれているところに注目してみましょう。
記載している意味を理解し、自分の部屋の広さに合っているかどうか考慮しましょう。

 

□エアコンの室外機の位置はどうするべきかについて

ここまで平家のエアコン事情についてご紹介しました。
では、室外機の位置はどうすれば良いのでしょうか。

室外機は、ある程度大きさがある上に目立つので家の見た目に影響を及ぼしますよね。
そのため、道路側に持ってこないのが基本です。
配管も雨樋のように目立つので、短くしたり目立たないようにしたりすることが大切です。

家の見た目に影響しやすいので、目立たない場所に置いている方も多いでしょう。

しかし、室外機の前に塀があると、エアコンの効きが悪くなります。
家の見た目を考慮しながら、エアコンの効きをよくするために室外機の位置を考慮する必要があります。

ただし、どう工夫しても目立つ場所に室外機を設置しなければいけないという場合もあるでしょう。
その場合は、家の中に配管を通して目立たない場所に落とすという方法もあります。
そうすると、目立つ場所にしか設置できなかった室外機を目立たない場所に設置できますよ。

エアコンの室外機の位置はどうするべきかについて

□まとめ

今回は、平家のエアコン事情と室外機の位置についてご紹介しました。
エアコンの効きを良くするためには、断熱性を高めたりエアコン選びを慎重に行ったりするだけではなく室外機の位置を考慮することも大切です。
効きを良くするためにも、よく考慮しましょう。
新潟市周辺でお困りの際は、当社までお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。