バリアフリーの家に建て替える前に考えておきたいこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
バリアフリーの家に建て替える前に考えておきたいこととは?

バリアフリーの家を建て替える際は、建てる前に考えておきたいことがいくつか挙げられます。
そこで今回は、バリアフリーの家を建て替える前に考えておきたいことと、建て替えるときのコツについてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

建て替える前に考えておきたいことについて

□建て替える前に考えておきたいことについて

バリアフリーの家に建て替える前に考えておきたいことは、3つあります。

1つ目は、優先順位を決めることです。
ユニバーサルデザインが特徴的なバリアフリーの家にすると、高齢者だけでなく子供の生活も快適になります。
生活する家族全員が快適に過ごすバリアフリーの家にするために、プランを立ててから、優先順位を決めましょう。

2つ目は、立て替えできる家の大きさを確認することです。
バリアフリーだけではなく家を建て替える際は、敷地にどれくらいの家を建てられるか確認しておく必要があります。
いざバリアフリーの家が完成してから理想の家にならなかったという後悔をなくすためにも確認しておきましょう。

3つ目は、建て替えの予算とスケジュールを立てることです。
建て替えは、どのような家を建てるかイメージするだけではなく、予算とスケジュール管理が大切です。

また、建て替え中は仮住まい場所に移動することになります。
前もって仮住まいをどうするのか、予算はいくらにするのか、予算はどのように準備するのかなど細かく決めておきましょう。

 

□建て替えるときのコツについて

バリアフリーに建て替えるときは、次の3つのコツを確認しておきましょう。

1つ目は、段差をなくすことです。
段差は、つまずきやすいだけではなく車椅子も通りにくいですよね。
特に小さな段差は、目視しにくいため危険です。
フラットな空間づくりを行い、足元にライトがあると良いでしょう。

2つ目は、転倒防止することです。
移動の際に転倒しないように手すりの設置は欠かせません。
玄関、トイレ、お風呂、廊下に設置することをおすすめします。

3つ目は、温度差をなくすことです。
バリアフリーでは、温度差をなくすことが重要です。
家の中の温度差は、住まいの快適さを失う原因の1つです。

快適さが失われるだけでなく、結露やカビ・ダニの発生の原因になります。
冷暖房の換気設備を適切に配置し、気密性・断熱性の性能を高めることが重要です。

建て替えるときのコツについて

□まとめ

今回は、バリアフリーの家を建てる前に考えておきたいことと、コツについてご紹介しました。
バリアフリーにするためには、家の段差をなくしたり手すりを設置したりするだけでなく、温度差をなくすことも大切です。
新潟市周辺でバリアフリーの家をお考えの際は、当社までお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。