吹き抜けのある平屋のメリットとは?デメリットや対策についても紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
吹き抜けのある平屋のメリットとは?デメリットや対策についても紹介!

皆さんは平屋に吹き抜けを設けるとどのようなメリット・デメリットがあるのかご存じでしょうか。
吹き抜けを設ける前にそれぞれについて知っておくべきです。
今回は、吹き抜けのある平屋のメリットやデメリット、その対策について紹介します。
新潟市周辺で吹き抜けのある平屋をご検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

吹き抜けのある平屋のメリットとは?

□吹き抜けのある平屋のメリットとは?

まずは、開放感があることです。
吹き抜けを設けるだけで、実際の部屋の面積よりも広く見える効果が得られます。
人が集まるリビングを広々とした空間にすると、開放感が得られて快適な暮らしにつながるため、ご家族がいる場合は吹き抜けの導入を前向きに検討すると良いでしょう。

次に、外観がすっきりとした印象になることです。
平屋に吹き抜けを設けると勾配が急な屋根にする必要があるため、おしゃれな外観になります。
特に採用されやすい屋根の形状が片方の屋根の位置が高い「片流れ屋根」です。
この形状はすっきりとした印象を与えるため、スタイリッシュな印象を与えたい方におすすめです。

最後は、採光や通風が良くなることです。
吹き抜けを設けると勾配天井にできるため、天窓やハイサイドライトなどを設置して日差しを取り込みやすかったり、空気を上から下まで循環させて新鮮な空気を部屋全体に届かせやすかったりします。

 

□吹き抜けのある平屋のデメリットと対策は?

吹き抜けのある平屋はメリットと同時にデメリットも存在します。
ここからは、デメリットと対策について紹介します。

1つ目は、冬に寒くなることです。
吹き抜けは通常よりも天井が高いため、冷暖房に多くのエネルギーを要します。
そのため、冬に寒くなりやすい傾向がありますが、その場合は断熱性能を確保した家にすることがおすすめです。
断熱性能が高ければ、家の中にある熱が外に逃げにくくなるため、暖かい家にできます。

2つ目は、夏の日差しが暑いことです。
吹き抜けと同時に天窓やハイサイドライトを設けると空間が明るくなるメリットがありますが、夏の日差しで暑くなるデメリットも存在します。

この対策として、サッシを断熱性の高いものにしたり、窓ガラスを遮蔽型にしたりすることがおすすめです。
そうすることで、夏場の日射を軽減できます。

吹き抜けのある平屋のデメリットと対策は?

□まとめ

吹き抜けのある平屋には、開放感が得られたり、採光・通風が良くなったりするメリットがあります。
その一方で、冬に寒くなりやすかったり、夏の日差しが暑かったりするデメリットも存在します。
このデメリットを許容できる場合は、吹き抜けの導入を前向きに考えてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。