離れを増築する際の費用とは?新潟県在住の方必見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「二世帯住宅のために離れを増築したいけど、費用が不安!」

離れを検討している方で、このようなお悩みがありませんか?
離れの増築には、坪単価で価格を計算します。
また、建設方法によっても値段が変わるので、気になる点ですよね。
そこで今回は、離れを増築する際の建設方法とそれぞれの費用についてご紹介します。

 

□離れの建設方法の特徴と費用

離れの建設には、木造建築、鉄筋コンクリート造、プレハブ造の建築方法が用いられます。
それでは、それぞれの特徴と費用についてご説明します。

*木造建築

コンクリートで基礎作りをし、構造材として木材を用いる建築方法です。
建設費用が低価格であるため、人気な建設方法です。
1坪あたりの費用相場は70万円です。
時間の経過で、味わいのある姿に変容することも、人気の理由の一つです。
しかし、シロアリや雨漏りの被害が起きやすいというデメリットがあるため、定期的なメンテナンスが必要です。

*鉄筋コンクリート造

構造材として、鉄筋とコンクリートを用いる建築方法です。
1坪あたりの費用相場は100万円です。
木造建築と比べて耐震性が高い点がメリットですが、結露が起こりやすいなど、メンテナンスが難しい点がデメリットです。

*プレハブ造

プレハブ造は、工場で作成された材質を現地で組み立てる建設方法です。
構造材として主に鉄が用いられ、工事期間が短いのが特徴的です。
しかし、組み立て作業であるため、間取りの変更の融通が利かないのがデメリットです。
1坪当たりの費用相場は、50万円です。

 

□水回りの設備を設置する場合の費用

離れの中に、キッチンやトイレなどの水回りの設備の設置を考えている方も多いのではないでしょうか。
水回りの設備を設置するには、配管工事、防水工事が必要になるため、追加費用がかかります。
キッチンを設備する場合、70万円、トイレを設備する場合、15万円が相場です。
選ばれる設備のグレードや大きさにより費用が変動します。
工事を始める前に、リフォーム会社に見積もりを出してもらうようにしましょう

□まとめ

今回は、離れを増築する際の費用と、建設方法の特徴についてご紹介しました。
離れの増築は、費用がとてもかかります。
増築工事を始める前には、家族と一緒にリフォームをする場所、費用、予算を明確にしましょう。
詳細の決定後、プロの方に相談していただくと、具体的なアドバイスを得られます。
当社は、新潟県で増築を検討している方におすすめすです。
ご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。