平屋の購入を検討されている方必見!暖かい室内を維持する方法をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋にお住まいの方、住宅の冷えにお悩みではございませんか。
本記事では、温かい室内の作り方をご紹介いたします。
特に、新潟市近郊は冬場に住宅が冷えるでしょう。
平屋にお住まいの方が、快適な冬を過ごせますよう、お手伝いいたします。

□平屋が寒い理由について

平屋は、一般的に冷えやすいとされていますが、なぜそのように言われるのでしょうか。
皆さんは、その理由をイメージできるでしょうか。
以下で、その理由を説明いたします。

平屋の特徴として開放感出して、広々とした空間に見せるということがあります。
そのため、天井が高く、コールドドラフト現象が起きやすいということが大きな理由でしょう。
コールドドラフト現象とは、温かい空気が上昇し、天井で冷やされ降りてくるという現象です。

つまり、空間が一体となり繋がっている平屋は、外気による温度変化の影響を受けやすいのです。

ただし、近年は断熱性を持つ住宅が増え、平屋であってもこのような現象が起きにくくなっています。

□断熱性の高め方について

近年の家は断熱性が高くなっていると述べましたが、どのように断熱性を高めているのでしょう。
その3つの方法について、以下で紹介いたします。

*カーテンの縫製により保温性を上げる

有効的なカーテンの縫製方法は、2つあります。

1つ目は、カーテンに裏地を付けることです。
市販で後付けのものもございますので、ぜひご検討下さい。

2つ目は、カーテンを3枚重ねにすることです。
カーテンに、中生地と裏生地を付けます。
三層の空気層ができるため、保温性が高くなるでしょう。

*カーテンの大きさで保温性を上げる

まず、カーテンを長くします。
カーテンを長くすることで、隙間から冷気が入りにくくなります。
このときに、カーテンを床につく長さにすると、より有効的でしょう。

そして、リターンをつけましょう。
窓の上部をリターンにより覆うことで、外気の侵入を防げます。
バランスで、カーテン上部を覆うのもよいでしょう。

*カーテンレールの場所を変える

カーテンレールは、窓が覆われるような位置に取り付けるのがベストでしょう。
カーテンボックスを付けたり、天井にレールを取り付けることで、窓がしっかり覆われて、保温性が高まります。

□まとめ

平屋の断熱性とその対策について、ご理解いただけたでしょうか。
平屋は通気性があり、開放感を味わえるという良い面もありますが、冷えやすいという悪い面もあります。
この冷えやすいという難点を、保温性を高めて克服しましょう。

平屋の建設や断熱加工などでご不明点がございましたら、お気軽にご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。