平屋の防犯が心配な方へ!安心できる防犯対策をご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
平屋の防犯が心配な方へ!安心できる防犯対策をご紹介します!

平屋は、通常の2階建ての住宅よりも泥棒に狙われやすい構造をしています。
そのため、平屋をご検討中の方は防犯性が心配ですよね。
そこで今回は、平屋の防犯対策についてご紹介します。
ぜひお役立てください。

平屋が狙われやすい理由とは

□平屋が狙われやすい理由とは

泥棒に最も狙われやすい住宅は平屋だということをご存じでしょうか。
その理由は、窓にあります。

平屋はワンフロアですので、全ての居住空間が1階にありますよね。
そのためどうしても窓が多くなってしまい、侵入口を増やす要因を作ります。
台所、寝室、リビング、お風呂場、トイレなど、1部屋につき1つでも窓は5つ以上です。
かなりの数の窓が1階に集まるのがお分かりいただけると思います。

侵入口となる窓が多くあり、更に1階のみで高さがないので侵入が容易にできてしまいます。
窓の多い開放的な所が平屋の魅力ではありますが、こうして防犯性に心配な面が出てきてしまうのですね。

また、目隠しとして周りに塀を設けた平屋もありますよね。
周囲の目線を遮断できるので、目撃されたくない泥棒にとっては好条件となってしまいます。

□平屋の防犯対策をご紹介!

1つ目は、窓の防犯対策を念入りにすることです。
防犯フィルムや2重ロック、シャッターなどを取り入れて、侵入しにくい窓にしましょう。
寝室は狙われやすい場所なので、その場合は掃き出し窓をやめて、高い位置に窓を設置するのがおすすめです。

2つ目は、防犯照明を多く設置することです。
人が近づくと明かりがつくこの防犯照明は、防犯対策に非常に有効です。
死角となりやすい北側や、玄関や勝手口に付けましょう。
なるべく光の届かない場所を少なくした方が良いです。

3つ目は、洗濯物を干すスペースを室内に取ることです。
平屋の場合、洗濯物はデッキや庭に干すパターンが多いですよね。
しかし、洗濯物は、遅くまで取り込まれていないと在宅していないことが周囲にばれてしまいます。
また、干されている物で家族構成もなんとなく判別できてしまうので、泥棒にとっては目印となります。

そのため、洗濯物は外から見えない室内に干すのがおすすめです。
室内干しだと、帰宅が遅くなりそうな時や、急な雨でも安心ですよ。

平屋の防犯対策をご紹介!

□まとめ

今回は、平屋の防犯対策についてご紹介しました。
平屋は開放的で子育てがしやすいと人気を集めていますが、平屋だからこそ防犯面で心配になってしまう所があることも事実です。
平屋は防犯対策をしっかりとした上で建てましょう。
新潟市でご検討中でしたら、まずはお気軽にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。