平屋にビルトインガレージを導入するメリットや注意点について解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「平屋にビルトインガレージを導入するメリットは何かな」
「ビルトインガレージを設置する際の注意点を知りたい」
新潟市で、平屋にビルトインガレージの設置をお考えの方でこのように思っている方はいらっしゃいませんか。
この記事では、平屋にビルトインガレージを導入するメリットや注意点についてご紹介します。

□ビルトインガレージのメリットをご紹介!

ビルトインガレージとは、車の格納場所を建物の一部に取り込み、ドアやシャッターを設置したガレージです。
屋内から愛車を眺めて楽しめるため、車好きの方に人気な間取りです。

ビルトインガレージでは、居住する建物と別に車を格納する必要がないため、土地が狭いケースでもガレージを備えられます。
ガレージは、敷地内の建築物の床面積の5分の1を上限に容積率の緩和を受けられるため、容積率の厳しい都心部でも広い家を建てられるというメリットがあります。
また、居住する建物と基礎や屋根を共有するため、その分のコストを抑えられます。

□平屋にビルトインガレージを導入する際の注意点をご紹介!

ここでは、平屋にビルトインガレージを導入する際の注意点を5つご紹介します。

1つ目は、居住エリアに影響のある間取りにしないように注意しましょう。
延べ面積の5分の1以下をビルトインガレージに使用した場合、ガレージ部分の固定資産税は税として含まれません。
そのため、節税のためにビルトインガレージ部分を広く取る方は少なくありません。
しかし、狭小住宅の大部分をビルトインガレージに割いてしまうと、家の間取りに制限ができてしまうため、注意が必要です。

2つ目は、家の強度に影響しないかについて注意しましょう。
建物内で駐車をする際に自動車を柱や壁にぶつけると、建物の強度に悪影響が出ます。
誤って柱や壁に衝撃を与えた際に家の構造が不安定にならないかを設計の段階で確認しましょう。
また、強度や耐久性に不安がある場合、ビルトインガレージの工事段階で補強工事を行うことをおすすめします。

3つ目は、工事費用に注意しましょう。
凝ったデザインを取り入れたり、駐車場所を広く取ったりすると、材料費や工事費用が高くなります。
建物の価格やガレージの工事費用、マイホームの予算と照らし合わせて確認しましょう。

4つ目は、ガレージの高さに注意しましょう。
平屋では、ガレージに高さ制限があるため、駐車する自動車のサイズに合わせてガレージを設置する場合、家のサイズにも調整が必要になります。
そのため、平屋を建てる際は優先事項を決めてから設計を依頼しましょう。

5つ目は、換気の問題に注意しましょう。
ビルトインガレージでは、家の中に車の排気ガスが入る可能性があります。
ビルトインガレージの換気方法を見直し、換気の方法や排気ガスの問題について解決しておきましょう。

□まとめ

今回は、平屋にビルトインガレージを導入するメリットや注意点についてご紹介させていただきました。
ビルトインガレージの導入でお困りのことがありましたら、ぜひ当社にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。