平屋の外観で失敗しないためのポイントをご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市近郊にお住まいの方で平屋の家を建てたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
平屋は間取りの自由度がとても高いのがメリットですが、なかなか決められないという方は多いと思います。
そこで今回は平屋で起こりうる失敗例や、平屋の外観で失敗しないためのポイントについて詳しく解説します。

□平屋で起こりうる失敗例とは

平屋で起こりうる失敗を実際の体験談をもとに紹介します。

はじめに、「思っていたよりも日当たりが悪かった」という失敗例があります。

二階建ての家には2階にベランダをつくる人が多いように、建物の高い場所の方が太陽が当たりやすいのですが、平屋はすべての生活を1階で過ごします。
そのため日光が入りづらいのです。

日当たりの良い平屋をつくるには土地探しをしっかりと行う必要があります。
ビルやマンションが立ち並ぶ場所に平屋を建てると、建てた時に影響がなくても将来高い建物が建つ可能性があります。

そのため郊外に建てることや、自治体にビルやマンションが建つ予定があるか聞いてみても良いでしょう。

次に「収納の数を間違えた」という失敗例があります。

平屋は1階にすべての間取りを配置する必要があります。
そのため収納の確保を後回しにしてしまい、必要な収納スペースを確保できていなかったということがあるのです。

また、収納スペースの場所を間違えると普段の生活をスムーズに行えなくなる可能性もあるため気を付けましょう。

このような状態を避けるためには、平屋の屋根裏を上手に使いましょう。
平屋は屋根裏のスペースが広いことが一つの特徴と言えます。

そのスペースにあまり使わないものを収納しておくと、普段の生活をより快適に暮らせるでしょう。

□平屋の外観で失敗しないためのポイントとは

平屋の外観を決める際には、はじめに全体像を考えておくことをおすすめします。

デッキを配置する場所を考えたり、窓の配置や大きさを考えたりすることも大切ですが、はじめから部分的にみてしまうと外観のバランスを保つことが困難になります。

また日当たりや風通しにも意識を向けるようにしましょう。

平屋は構造上日当たりの悪い部分ができやすいです。
そのため窓の配置やリビングの位置を日当たりや風通しを理解したうえで決めておくことをおすすめします。

□まとめ

この記事では平屋で起こりうる失敗例や、平屋の外観で失敗しないためのポイントについて詳しく解説しました。
平屋ならではの魅力を生かして理想の家をつくりましょう。

理想の住宅を実現したい方は、ぜひお問い合わせください。
担当者が精一杯尽力させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。