平屋を広く見せる方法とは?平屋の魅力についても解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
平屋を広く見せる方法とは?平屋の魅力についても解説!

「平屋を広く見せる方法について知りたい」
「平屋の魅力について知りたい」
新潟市でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
せっかく平屋に住むなら、できるだけ広く見せたいですよね。

そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてくださいね。

広く見せるためのポイントについて

□広く見せるためのポイントについて

みなさんは、平屋を広く見せるポイントについてご存じでしょうか。
建物を建てられる土地の広さは限られていますし、だからこそ同じ広さでできるだけ広く見せたいですよね。

そこでまずは、ポイントを解説します。

1つ目は、天井高を上げることです。

2つ目は、床を下げることです。
開放感を演出しましょう。

3つ目は、カーテンを設置する位置に気を付けることです。
窓の高さに合わせるのではなく、天井ぎりぎりの高さにカーテンレールを設置することで、広く感じられます。

4つ目は、間取りに気を付けることです。
ストレートな形がおすすめです。

5つ目は、LDKの入り口の位置についてです。
入り口を部屋の中心ではなく端に設けることで、広がりを持たせられます。

6つ目は、LDKに隣接する和室に垂れ壁をつくらないことです。

7つ目は、収納スペースは余裕をもって用意しておくことです。
これだけで部屋をすっきりと見せられるため、おすすめです。

8つ目は、家具の遠近法を利用することです。
入り口側に背の高い家具を置き、奥には背の低い家具を置きましょう。

以上が、ポイントについてでした。

□平屋の魅力について

ここまで、広く見せるためのポイントを解説しました。
どのようなことを意識すればよいのか、理解が深まったのではないでしょうか。
そこで続いては平屋のメリットについて解説します。

1つ目は、階段がないことです。
転倒リスクが減るため、安心ですね。
高齢の方でも安心して住めます。

2つ目は、地震に強いことです。
2階建てより受ける地震力が低くなります。
その分損傷を抑えられます。

3つ目は、自由度の高い設計が可能であることです。
柱や壁を省略できる分、自由度が高くなります。

4つ目は、メンテナンスしやすいことです。
2階建ての場合、雪下ろしの負担が大きいですが、平屋の場合はその負担が減ります。

平屋の魅力について

□まとめ

今回は、新潟市で平屋をお考えの方に向けて、平屋を広く見せる方法について、また、魅力について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、広く見える平屋を建ててくださいね。
ご不明点がありましたらいつでもご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。