新築平家の建築費用について解説!憧れの平家暮らしを実現しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
新築平家の建築費用について解説!憧れの平家暮らしを実現しましょう

新潟市周辺で新築の平家を検討されている方はいらっしゃいませんか。
そのような方には新築平家の費用について知っていただきたいです。
また、その費用をできる限り安く抑えるコツについても知っておくことで、コスト削減が図れるでしょう。
ぜひ、参考にしてください。

新築平屋に必要な建築費の費用相場について解説!

□新築平屋に必要な建築費の費用相場について解説!

新築平家に必要な費用は、木造住宅の場合、本体工事費の坪単価が40万円〜60万円程度です。
新築の住宅には、本体工事費以外にも、付帯工事費や諸費用、また、土地から購入する場合は、土地代などがかかってきます。
これらの内訳に関しては、本体工事費が70パーセント、付帯工事費が20パーセント、諸費用が10パーセントとなっています。

3LDK〜4LDKの新築平家の場合、1300万円〜2730万円ほどあると問題ないでしょう。
この広さになるとファミリー向けとなるため、4人ほどなら快適に暮らせます。
4LDKであれば、5人で暮らすことも可能でしょう。

1LDK〜2LDKの新築平家の場合、650万円〜1950万円ほどあると問題ありません。
この広さであれば、単身やご夫婦2人で生活するのに快適です。
シンプルな間取りの方が家事動線や掃除なども楽に済ませられ、家全体の状況も把握しやすいでしょう。
設備や建材にコストをかけたい方は、このように面積を抑えるのもおすすめです。

 

□平屋の建築費を安く抑えるコツについて解説!

平家は、一般的な2階建て住宅よりも費用がかかると言われています。
それは面積の問題や使える設備の問題が関わってきます。
そんな平屋でも建築費を安く抑えるコツがあります。
ここでは、建築費を安く抑えるコツを解説します。

まずは、外観をできる限りシンプルにします。
家の形がシンプルであればあるほど、建材費などのコストも削減が可能です。
また、平屋だからこそ屋根の高さを出したいと思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、屋根の高さを抑えることでもコストを削減できます。
もし高さにこだわりがないという方はご検討されて見ても良いかもしれません。

さらに、無駄な部屋を減らしワンフロアにすることや、廊下を作らないことで部屋の広さを最大限にまで広げられます。

平屋の建築費を安く抑えるコツについて解説!

 

□まとめ

今回は、新築平家の費用について解説しました。
新築平家の費用は、一般的な2階建てに比べ費用が高くなる傾向にあります。
費用相場について事前に知っておくことで準備できるでしょう。
また、費用を安く抑えるコツも把握することで無駄のない家づくりが可能です。
ぜひ、今回の記事を参考にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。