注文住宅で平屋を検討中の方へ!リビングについてご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
注文住宅で平屋を検討中の方へ!リビングについてご紹介します!

新潟市周辺で
「平屋で快適なリビングを作りたい」
「注文住宅で失敗したくない」
このようにお考えの方はいらっしゃると思います。
そこで今回は、平屋で快適なリビングをつくる間取りのコツと、失敗しやすい平屋の間取りについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

平屋で快適なリビングをつくる間取りのコツとは?

□平屋で快適なリビングをつくる間取りのコツとは?

1つ目は家具の配置にこだわることです。
間取り図で見たときよりも狭く感じるという意見があります。
このように感じる原因は家具のサイズ、配置にあります。

間取り図には家具が一般的なサイズで書き込まれています。
現在使っている家具がどのサイズなのか事前に確認するようにしましょう。

2つ目は日光を十分にとることです。
光は快適に過ごすために重要なポイントです。
薄暗い部屋ではやる気が出なかったり、健康を害したりする可能性があります。

日当たりの良い方角に大きめの窓を設置する、中庭を設置する、天窓を作るなどの工夫を施して日光が部屋に差し込みやすいようにしましょう。

3つ目は吹き抜けリビングを作ることです。
勾配天井を活用した吹き抜けを設置すると開放感が得られます。
延べ床面積が小さくなりやすい平屋にはおすすめです。

□平屋の失敗する間取りとは?

1つ目は周囲の高い建物を考慮していない間取りです。
平屋は1階しかありません。
そのため、周りに高い建物が建つと採光や採風が十分にできなくなります。

平屋を建てる場合には周りに高い建物が建っていないか、建つ予定がないか確認するようにしましょう。
また、建った時のことを考えて天窓、中庭を設置するようにしましょう。

2つ目はプライベート空間に配慮していない間取りです。
プライバシーを確保する工夫をしないと、生活感が筒抜けになってしまいます。
間取りの工夫はもちろん外構の工夫、植栽などを検討してみるのも良いでしょう。

3つ目は防犯対策を施していない間取りです。
平屋は1階建てのため、2階建ての家に比べて侵入されやすいです。
そのため、防犯対策が必須です。
間取りの工夫だけでなく、サッシや生垣、センサーライト、砂利などを設置して防犯対策を十分に施すのがおすすめです。

平屋の失敗する間取りとは?

□まとめ

今回の記事では、平屋の間取りについてご紹介しました。
この記事がお客様のお役に立てれば幸いです。
平屋にはメリットもあればデメリットもあります。
しかし、ほとんどのデメリットは対策可能です。
しっかり対策を施して、快適な平屋生活を始めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。