平屋にロフトを作るメリットとデメリットについて紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
平屋にロフトを作るメリットとデメリットについて紹介します!

平屋の家づくりでは、空間をうまく利用するためにロフトをつけることを検討する方は多くいますが、メリットとデメリットを知っておかないと損するかもしれません。
そこで今回は、平屋にロフトを作るメリットとデメリットを紹介します。
平屋の家づくりを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

平屋にロフトをつくるメリットについて

□平屋にロフトをつくるメリットについて

1つ目は、床面積を気にしないでスペースを使えることです。
2階建てに比べると、面積や収納の数、部屋の数などが減ってしまいますが、ロフトをつくることで空間を広く使うことができたり、必要なスペースを確保できたりします。
ロフトは、部屋と違い収納がもう少し欲しい時には非常に便利でしょう。

2つ目は、税金です。
ロフトを作ることで、開放感を得ることができたり空間をうまく利用できたりしますが、それに加えてロフトは、床面積に加算されないため固定資産税の課税対象になりません。
該当する階を設けるよりお得に収納や部屋を確保できます。

□平屋にロフトをつくるデメリットについて

1つ目は、熱がこもりやすいことです。
屋根に近くなってしまうロフトは熱がこもりやすいため、居住スペースとして利用する場合は、窓を設置したり、断熱性を高めたりといった対策が必要になります。
夏場は要注意ですが、冬場は逆に光熱費節約につながるためメリットとなります。

2つ目は、天井が低いことです。
ロフトは、天井の高さが1.4mと法律で定められているため、体格にもよりますが、大人が立って移動することが難しくなります。
書斎や子供部屋、寝室としての利用は可能な高さだと言えます。

3つ目は、梯子の場合は危険が伴う上、場所をとることです。
ハシゴを設置すると、収納すれば場所をとりませんが、特に小さな子供やお年寄りの方は上り下りの際に転落する危険があるので、階段をつけることをおすすめします。
階段下に収納も設けることができるので、どちらにするか慎重に選びましょう。

4つ目は、徐々に利用しなくなる可能性があることです。
掃除が大変だったり、上り下りが億劫になったりと、徐々に使わなくなってしまうことがあります。
無用のスペースにしてしまわないために、用途についてはしっかりと検討する必要があります。
家族構成や年齢など、長期的に見て選ぶようにしましょう。

平屋にロフトをつくるデメリットについて

□まとめ

この記事では、平屋にロフトを設けるメリットとデメリットを紹介しました。
うまく空間を利用することができる一方で、デメリットもあるので、家族や専門家と相談して、便利に使えるスペースとしてロフトを作れるようにしましょう。
新潟市周辺で家づくりでお困りの方は、ぜひ一度当社までご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。