平屋のメリットとデメリットについて紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
平屋のメリットとデメリットについて紹介します!

平屋の家を建てたいけど、特徴が分からないと建てた後になって、家族の人数などによっては収納や部屋の数で悩みやストレスが増えてしまう可能性があります。
そこで今回は、平屋のメリットとデメリットを紹介します。
平屋の家づくりを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

平屋のメリットについて

□平屋のメリットについて

1つ目は、自由度が高くバリアフリーの実現がしやすいことです。
上部に居住スペースがないため、柱の数を減らすことが可能な平屋は、デザインを自由に設定することができる上、上り下りがない分バリアフリーの実現も可能です。
自由度の高い間取り計画で、過ごしやすい動線の家を実現しましょう。

2つ目は、構造が安定しやすいことです。
建物は、縦に長くなるほど風や地震の影響を受けやすくなるため、台風や地震などの自然災害の多い日本では、平屋の方が安定するため安心して過ごせます。
また、庇が大きく作れるのでソーラーパネルの設置も可能です。

3つ目は、修繕費用が抑えられることです。
家づくりは建築時だけでなく、その後のメンテナンスにも費用がかかりますが、平屋は足場を組む必要や、他階への影響の心配がないため費用を抑えることができます。
将来の住宅リフォームの費用も、多層住宅に比べて安く抑えられるでしょう。

4つ目は、コミュニケーションが取りやすくなることです。
平屋はワンフロアに全ての部屋が収まっている為、自然と家族で顔を合わせる機会が増えます。
家族の繋がりを大事にしたい方にとって、平屋は非常におすすめです。

□平屋のデメリットについて

1つ目は、広い敷地が必要になることです。
多層住宅と違い、ワンフロアに収めるにはその分広い敷地が必要になります。
また、敷地に対して建てて良い建物の広さが決まっているため、注意しなければなりません。

2つ目は、建物の坪単価が高くなる可能性があることです。
平屋は、基礎と屋根の面積が多層住宅より大きくなってしまうため、その分工事費用がかかってしまい、坪単価にすると多層住宅より高くなってしまうことがあります。
足場がいらないなどのメリットはありますが、最終的な費用は注意しておきましょう。

3つ目は、日当たりや風通しが悪くなる可能性があることです。
敷地周辺の環境によっては、日光が入らなかったり、風が通らない可能性があるので、家の向きや形でうまく調整しましょう。
中庭を設けたLやコの字型の住宅にする方法もあるので、ぜひご検討ください。

4つ目は、プライベートや防犯の面でのデメリットです。
一階に窓がきてしまうので、音が鳴る砂利を敷くなど防犯の面への考慮が必要です。
また、外から見られやすいため、暮らしのプライバシーが守られにくいです。
間取りや家の向きを工夫して、プライバシーを確保できるようにしましょう。

平屋のデメリットについて

□まとめ

この記事では、平屋のメリットとデメリットを紹介しました。
家族の人数やデザイン、欲しい部屋や収納の数、敷地の広さなどを考慮して選ぶことで、満足のいく家づくりができるでしょう。
新潟市周辺で家づくりを検討している方は、ぜひ一度当社までご連絡下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。