平屋と二階建てでは固定資産税が異なります!税金を抑えるためのポイントもご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
平屋と二階建てでは固定資産税が異なります!税金を抑えるためのポイントもご紹介します!

平屋と二階建ての住宅で支払う固定資産税が異なるのを知らない方も多いです。
支払う税金の額が変われば、どのような住宅にしようか、計画が変わってきますよね。
そこで今回は平屋と二階建ての費用の違いと、平屋の固定資産税を抑えるためのポイントについてご紹介します。

平屋と二階建て住宅の費用の違いとは?

□平屋と二階建て住宅の費用の違いとは?

ここでは平屋の住宅を建てた場合と二階建ての住宅を建てた場合の費用の違いについて解説します。

平屋と二階建ての住宅を比較した場合、坪数が同じであれば、平屋の方が支払う税金は高くなります。
これは、平屋の方が屋根や壁に多くの資材を利用するので、資産価値が高いと判断され、固定資産税が高くなるためです。

また二階建ての住宅と総床面積が同じ場合には、平屋の方が必要な土地の面積が広くなるので、税金がより高くなります。

□平屋住宅を建てる際に固定資産税を抑えるポイントとは?

ここでは平屋の固定資産税を抑えるために注意すべき3つのポイントについて解説します。

*木造建築にする

一般的に住宅を建てる際には木造か鉄筋コンクリート造を採用します。
木造の方が鉄筋コンクリート造よりも耐久性が低いので、評価額が下がります。
そのため、かかる税金は鉄筋コンクリート造の住宅よりも安くなります。

木造の方が耐久性は下がりますが、平屋の場合、二階建て住宅よりも構造的に安定しているため、木造でも十分な強度が保てます。

*シンプルな造りの住宅にする

家の造りを複雑にして使用する材料を増やすと、その分資産価値が上がるので、課せられる税金は高くなります。
また、壁が多かったり、屋根が広かったりすると固定資産税が高くなる原因になるので、事前に壁や屋根の面積がどの程度になるのかを確かめておくことも大切です。

*土地の金額を確かめておく

土地に対して課せられる固定資産税はその土地の金額に比例します。
そのため、金額のかからない土地を選べば、その後にかかる固定資産税も少なくて済むので、その分より内装にこだわって、住宅づくりを進められます。

土地の評価額は市区町村が決定するので、事前に確かめておく必要があります。

平屋住宅を建てる際に固定資産税を抑えるポイントとは?

□まとめ

今回は平屋と二階建て住宅の費用の違い、平屋の固定資産税を抑えるためのポイントについて解説しました。
平屋の住宅を建てる際には、二階建ての住宅を建てるよりも税金が高くなりがちなので節約できるポイントを知っておくことが大切です。
新潟市周辺で平屋住宅を検討されている方はぜひ当社までご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。