注文住宅で平屋を検討中の方へ!後悔しないためのポイントを紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
注文住宅で平屋を検討中の方へ!後悔しないためのポイントを紹介します!

「購入する平屋で後悔したくない」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか。
注文住宅で平屋を選択する場合、後悔しがちなポイントが存在します。
また、間取りを考える際もいくつかの点で注意が必要です。
そこで今回は、平屋で後悔しがちなポイントと間取りで気を付けたいポイントについてご紹介します。

平屋で後悔されがちなポイントとは?

□平屋で後悔されがちなポイントとは?

ここでは、平屋で後悔されがちなポイントを2つご紹介します。

1つ目は、資金が足りず十分な広さの土地が確保できないことです。
十分な広さの土地を確保できなければ、開放感やどっしりとした存在感といった平屋の良さを活かせません。

また、隣接する建物が2階建て以上の場合、狭い土地に平屋を建てると家の中が見下ろされることになります。
常に見られている状態の暮らしはストレスになりかねません。
そのため、平屋を建てる際は、十分な広さの土地を選ぶことをおすすめします。

2つ目は、収納の量が多すぎたり少なすぎたりすることです。
平屋では、2階建ての家に比べて収納スペースが限られます。
しかし、家にあるものは生活していく中で増えていくものですよね。
そのため、収納スペースは多く設置しておくことがおすすめです。

ただ、収納スペースを確保しすぎて、居住スペースが狭くなってしまうと生活しにくいですよね。
一度家族の荷物の量を把握して、将来どれくらい増減する可能性があるかを考えたうえで、収納の量を検討してみましょう。

□平屋の間取りで気を付けたいポイントとは?

ここでは、平屋の間取りで気を付けたいポイントを2つご紹介します。

1つ目は、家族の将来を予測することです。
例えば、個別の部屋を作っておくと、子ども部屋として使えたり、親が1人で落ち着ける場になったりします。
また、家の中の段差をなくしておくと、年齢を重ねて足腰が弱くなってきても負担がかからず、楽に移動できますね。
このようなことに関する希望や悩みなどがあれば、何でも建築会社に相談してみてくださいね。

2つ目は、地震に強いことです。
日本では地震が頻繁に発生しますよね。
家が地震で倒壊してしまうと、家族の命にもかかわります。
そのため、新しく建てる家は耐震等級3のような地震に強い構造にし、家族が安全に暮らせる場所にすることが重要です。

平屋の間取りで気を付けたいポイントとは?

□まとめ

本記事では、平屋で後悔しがちなポイントと間取りで気を付けたいポイントについて解説しました。
せっかく平屋を建てるなら、快適な生活を送れる場にしたいですよね。
そのためにも、今回紹介したことをぜひ参考にしてみてくださいね。
新潟市周辺で平屋を建てたいとお考えの方は、ぜひ当社にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。