平屋の寒さ対策とは?寒さを感じる訳についても解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市の平屋にお住まいの方で、寒さにお困りの方はいらっしゃいませんか。
寒いまま放置しておくと、体調にも良くありません。
そこで今回は、寒さを感じる理由と平屋での寒さ対策について紹介します。

□寒さを感じる理由とは

そもそも部屋が寒い理由とは何なのでしょうか。
ここでは寒いと感じる理由を3つ紹介します。

1つ目は、マンションから戸建てに引っ越したことです。
マンションは、周囲の部屋が囲まれており、断熱性に優れています。
そのため、マンションから戸建てに引っ越した際に寒いと感じる方が多いようです。

しっかりとした断熱性を備えていないと、マンションと比較すれば寒く感じるでしょう。
加えて、マンションに比べ戸建ての方が、窓が多く、寒さが入りやすいことも理由の1つです。

2つ目は、日当たりが悪いことです。
隣接している家や建物で日が当たりにくい家は、空気が暖まらず寒いと感じやすいです。
冬でも日が当たれば、暖かく感じますし、床も冷たくないですよね。
外壁や屋根が日光に当たれば、部屋全体をゆっくり暖めるため、室温も変わります。

室温に加え、日が当たらないことで視覚的にも寒く感じます。
電気を付けると、明るく過ごせますが、照明で暖かさを演出するのは難しいでしょう。
土地を買って建てる場合は、日当たりも確認しましょう。

3つ目は、建物の断熱性や気密性が低いことです。
断熱性や気密性は法律によって基準が定められています。
しかし、基準は海外に比較しても低いのが現状です。
間取りだけでなく、断熱性能等級や省エネ等級を確認しておきましょう。

□平屋での寒さ対策について

ここでは平屋でできる寒さ対策を3つ紹介します。

1つ目は、窓を二重サッシにすることです。
窓を通じて冷たい空気が部屋に入り、暖かい空気が出てしまうため、空気の出入りを軽減できる二重サッシにしましょう。
さらに、室内の空気が一定に保たれることで、急な温度変化で起こるヒートショックを防げます。

2つ目は、床暖房を取り入れることです、
床暖房は冷えやすい足元を温めるため、温かさを感じやすいでしょう。
さらに、エアコンと違い空気が乾燥しにくいため、のどにも優しいというメリットもあります。

□まとめ

今回は、寒さを感じる理由や平屋での寒さ対策について解説しました。
平屋で寒いと感じる方は、この記事を参考に原因を突き止め、対策をしましょう。
他にも平屋に関して何かお困りのことは、ぜひ当社にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。