平屋の建て替えにかかる費用やポイントについて紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
平屋の建て替えにかかる費用やポイントについて紹介します!

現在、平屋の住宅が注目を浴びています。
もし建て替えをご検討中なら、平屋も選択肢に入れてみてはどうでしょうか。
この記事では平屋に建て替える費用の相場と平屋の建て替えに向いている人の特徴をご紹介しますので、ぜひご覧になってください。

平屋に建て替える費用相場を解説します!

□平屋に建て替える費用相場を解説します!

既存の住まいから平屋に建て替えようとする際、主に既存の住まいの解体費用と平屋の新築費用の2つの費用が発生します。
そこでここからは、それぞれの費用について詳しく解説します。

まずは解体費用です。
住宅を解体する際、「内部の造作解体費用」「構造躯体の解体費用」「基礎の解体費用」「設備撤去費用」「廃材収集運搬費用」「廃材処分費用」などの費用が発生します。
これらの工事によって、延床面積100平方メートルの木造2階建ての住まいを解体する場合の費用は150万円から200万円です。

次は新築費用です。
当然家の仕様やプランによって異なりますが、平屋の新築費用は1600万円から2000万円が相場だと言われています。

□平屋の建て替えが向いている人の特徴とは?

ここでは、平屋の建て替えに向いている人の特徴をご紹介します。

まずは、間取りを自由に設計したい人です。
建て替えで最も魅力的なのは、間取りを自由に設計して住む人に合わせた家づくりができることです。
そのため、今までの間取りを一新して生活したい方にとっては、うってつけだと言えるでしょう。

次は、耐震性能を見直したい人です。
建築基準法の項目は時代とともに変わってきました。
そのため、建築されてから何年も経過していると、最新の建築基準法を満たしていない恐れがあるのです。

具合的にいうと、1981年より前に建築された住まいは耐震構造の強度が十分でない可能性があります。
構造を最初から見直して、現在の基準を満たすように家づくりできる点が建て替えの魅力の1つです。

最後は、後世に家を残したい人です。
通常の住まいの寿命は20年から30年だと言われています。
しかしながら、現在の建築基準法をもとにして家を設計すれば、これから50年以上家を残していけるでしょう。

平屋の建て替えが向いている人の特徴とは?

□まとめ

今回は、費用についてや平屋の建て替えに向いている人の特徴をご紹介しました。
平屋の建て替えにはどれくらいの費用が必要なのか、どのような人が建て替えするべきなのか、わかっていただけたでしょうか。
当社は、新潟市周辺で家づくりを行っております。
おしゃれな家に住みたい方、自然素材の家に住みたい方はぜひご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。