親の家をリフォームするときのローンについて紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
親の家をリフォームするときのローンについて紹介します!

物件のリフォームを計画しても、名義が親になっているとすべきことが変わるため、手順や方法を把握しておかなければなりません。
そこで今回は、親名義の物件をリフォームするときのローンについて紹介します。
物件リフォームとローンをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

親名義の物件リフォームでローンを組む方法について

□親名義の物件リフォームでローンを組む方法について

1つ目は、親から子へ売却をして名義変更する方法です。
通常の商取引と同様、親が売主となっての売買になりますが、相場より大幅に安価な場合は贈与として扱われるため、贈与を受けた側に贈与税がかかるので注意しましょう。
また、親子間では3000万円控除の対象外なので把握しておきましょう。

2つ目は、親から子への贈与で名義変更をする方法です。
相続税評価額が110万円を超えた場合に、贈与した際の金額によって贈与税が課せられるので、値段次第で贈与か売買かを決めるようにしましょう。

3つ目は、親と共有名義にする方法です。
名義共有の場合は、子に譲る持分に贈与税がかかる上、ローンが残っている場合は、金融機関に名義変更の申請を行わなければならないので注意しましょう。
共有名義はローン完済後である場合に採用することをお勧めします。

□実家のリフォームをローンで行う場合の注意点について

まずは、譲渡か贈与で名義変更の条件が変わることです。
親子間での売買を行う譲渡と、売買のない移転登記のみの贈与がありますが、譲渡の方が税率が低くなるなど、変わる部分があるので事前に調べておくことをおすすめします。
また、譲渡の場合は相続財産としての計上がないことも覚えておきましょう。

次に、相続時精算課税制度の利用を検討することです。
贈与税より相続税の方が低いため、直系親族間での贈与で2500万円までを一旦非課税にして、相続する際に計上して相続税を課税するという方法です。
税金や控除される金額が変わりお得になる可能性があるので確認しておきましょう。

最後に、手数料です。
登記の変更や登録免許税、専門家の依頼などに手数料がかかってきます。
さほど大きな額にはなりませんが、贈与や譲渡を決めて、使える制度があるかどうか調べた上で、最終的な金額に手数料も入れることを忘れないようにしましょう。

実家のリフォームをローンで行う場合の注意点について

□まとめ

この記事では、親名義の物件リフォームのローンを組む際の注意点を紹介しました。
金額を押さえたり、納税額を押さえたりすることができる制度や方法を確認した上で、最終的な判断をするようにすることで、失敗を防ぎましょう。
新潟市周辺で物件リフォームなど、お悩みのある方はぜひ当社にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。