家の建て替えをする際は仮住まいが必要?仮住まいを探す際のポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「建て替えをしたいが、仮住まいはどのようにして決めれば良いかわからない」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

そこで今回は仮住まい探しのポイントや、仮住まいを探す際の注意点についてお話しします。
建て替えをお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□仮住まい探しのポイントとは

仮住まい探しのポイントとしてあげられるのが探し始めるタイミングや広さ、引っ越しの方法などです。

タイミングについてですが、仮住まいのための物件は早すぎると困ることが多いのです。
早くに良い物件を見つけて、入居するまでの期間物件を押さえておくと賃料がかかる可能性があります。

いくつか候補をみつけて、より良い物件を選べる期間は必要ですが早すぎても良くないということです。

そのため一般的には工事に取り掛かる2か月ほど前から物件を探しておくと良いといわれています。
プライベートの予定に合わせてスケジュール調整しておくことをおすすめします。

また、仮住まいで探す家の広さについてなのですが、仮住まいだからと言って低価格で済まそうと少し狭めの家を選んでしまうと荷物が入らなくなる可能性があります。

そのためわざわざ倉庫を借りる作業が必要となる場合もあります。
広さについては荷物の量を推定してから決めることをおすすめします。

また、引っ越しの方法については一般的な引っ越し業者に頼むのも良いですし建て替え向けの家財保管を行っている業者の方もいるので、そちらを利用しても良いでしょう。

□仮住まいを探す際の注意点とは

*短期解約同意金に気を付ける

賃貸の不動産に暮らすと一般的には長期で契約を結ぶことが多いです。
そのため短期解約をした人への違約金が契約書に書かれていることがあります。

金額が書かれている場合もあれば違約金がない場合もあるため契約書はよく読んでおくようにしましょう。

*なるべく家に近い仮住まいを探す

仮住まいの場所が遠いと面倒な点がいくつかあります。
例えば引っ越しの移動に長時間かかることや、子どもの学校が遠くなってしまうこと、身分証明書などを変更しなければならないことです。

仮住まいは近ければ近いほど便利なので、なるべく近い家に引っ越すことをおすすめします。

□まとめ

この記事では仮住まい探しのポイントや、仮住まいを探す際の注意点についてお話ししました。
仮住まいを探す際にはタイミングや距離に気を付けて選ぶようにしましょう。

当社はお客様のご要望にあった住宅を再現できるようにサポートしますので、ご不明点等ございましたらご連絡お待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。