実家をバリアフリーにリフォームしませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
実家をバリアフリーにリフォームしませんか?

「実家をバリアフリーにリフォームしたい」
「バリアフリーをどう実現すれば良いか分からない」
このようにお考えの方は多くいらっしゃいます。
老後も安心して暮らせるお住まいを、ご両親やご自身のために実現したいですよね。
そこで今回は、新潟市の住宅会社が、バリアフリーにリフォームすることについてご紹介します。

実家をバリアフリーにリフォームする5つの方法とは?

□実家をバリアフリーにリフォームする5つの方法とは?

1つ目は、浴室の断熱性を上げることです。
浴室では、脱衣所との寒暖差からヒートショックが起こることが多い場所です。
ヒートショックは高齢であるほど、その危険性が増します。
浴室の断熱性を上げたり、浴室暖房をつけたりして、浴室外との気温差を小さくできるようにリフォームしましょう。

また、浴室への入り口は段差があってつまずきやすいので、手すりをつけたり、床全体を上げて浴槽との高さをなくしたりしましょう。
バリアフリーにリフォームする際は、なるべく段差をなくし、段差があっても高低差をなくすことが大切です。

2つ目は、トイレで立つときの負担を減らすことです。
手すりを付け、滑りにくい床にしましょう。
車いすでも入りやすいように、ドアを引き戸にするのもおすすめです。
温水洗浄便座を設置すれば、入浴が難しくなっても最低限清潔に保てます。

3つ目は、洗面所下の収納棚をなくすことです。
将来車いすを使う場合も想定して、足が入るように洗面所下の収納棚はなくしましょう。
鏡や洗面台も、車いすに座った状態でも顔を洗える高さにリフォームしておきましょう。

4つ目は、玄関の段差をなくすことです。
踏み台や式台をつけたり、手すりをつけたりして、足腰の負担を少しでも減らしましょう。
この際、雨で地面が濡れても滑りにくい床材にリフォームしておくと安心ですね。

5つ目は、階段の段差を緩やかにすることです。
階段の段数を増やして、階段自体を緩やかにしましょう。
また、手すりを設置すれば転倒を予防できます。
カーペットを敷けば、足の負担を減らせるほか、滑りにくくなるのでおすすめです。

□バリアフリーにリフォームする際にお得な補助金制度について

実家に要介護・要支援認定を受けたご家族がいる場合、バリアフリーにリフォームすると介護保険の補償対象になる場合があります。
手すりの設置や引き戸への変更などの工事が対象となり、最大18万円まで補償されます。

なお、お住まいの地区の自治体によっては、要介護認定を受けていなくても補償している所もあります。
実家をバリアフリーにリフォームすることをお考えの方は、一度確認してみると良いでしょう。

バリアフリーにリフォームする際にお得な補助金制度について

□まとめ

今回は、実家をバリアフリーにリフォームする方法とお得な補助金制度についてご紹介しました。
実家のリフォームをお考えの方は、この記事を参考に、ご両親のお住まいをバリアフリーにしてみてはいかがでしょうか。
当社では、皆様が快適に暮らせる住宅をつくるお手伝いをしております。
気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。