実家をリフォームしたい必見!水回りをリフォームする際の注意点について解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「実家の水回りをリフォームしたい」
「水回りをリフォームする際の注意点を知りたい」
新潟市近郊にお住まいの方で、このようにお考えの方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、水回りをリフォームする際の注意点をご紹介します。

□水回りの配管リフォームについてご紹介!

壁や床に埋まっている配管は確認できないので、リフォームするタイミングが分からないことも多いですよね。
水回りのキッチンや浴室、お風呂、トイレ、洗面の配管のリフォームをするタイミングは、水道水からサビ水がでたり、配管に亀裂が入っていたり、錆びていたりすることがサインです。

給水管や給湯管、水道管、排水管、給湯管などの配管設備の老朽化も分かりにくいですが、配管の寿命の年数を目安にリフォームするといいでしょう。
配管の寿命は、約15年〜20年です。
約20年以上リフォームされておらず配管が破損した場合、水圧が落ちるだけでなく家中が湿気でカビが繁殖し、家にも身体にも影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。

□水回りのリフォームをする際の注意点をご紹介!

毎日のように使う水回りは、定期的に設備の更新を行うのがおすすめです。
見た目に問題がない場合でも、リフォームが必要になるケースはいくつもあります。
特に気をつけたいのは配管の劣化です。

配管は普段は見えない場所にあることが多く、異常が起こっていたとしても気づきにくいのが問題です。
配管部分の劣化を放置していると、水漏れや詰まりのほか、異臭や腐敗などの問題に繋がります。

また、水回りは湿気が高いため、周辺の床や柱、壁などが腐ってしまう可能性があります。
建物の構造部分にまで腐食が及んでしまうと、修繕費も高額になる可能性があります。

安全で快適な住まいを維持するためには、15年から20年でリフォームするのが目安です。
キッチンやトイレ、お風呂、洗面の水回り4点をまとめてリフォームする方が多いです。
劣化が大幅に進む前に、水回りの設備をメンテナンスしましょう。

リフォーム時は、費用やデザインだけでなく、使いやすさにもこだわるのが大切です。
特に水回りは料理や洗濯、入浴など、日常生活に深く関わります。
家事動線や家族構成なども考慮して、それぞれのご家庭に合った工事を行いましょう。

□まとめ

今回は水回りをリフォームする際の注意点についてご紹介させていただきました。
当社はお客様のご要望に合わせた住宅を提供します。
何か疑問点やお悩みをお持ちでしたら、お気軽にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。