実家の二階だけをリフォームをお考えの方へ!メリットとデメリットを紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
実家の二階だけをリフォームをお考えの方へ!メリットとデメリットを紹介します!

2階をリフォームするのにはメリットとデメリットがあります。
後々後悔しないためにも、事前に理解しておきたいですよね。
そこで今回の記事では、2階をリフォームするメリットとデメリット、実家を2世帯住宅にリフォームする費用をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

2階をリフォームするメリットとデメリットとは?

□2階をリフォームするメリットとデメリットとは?

*メリット

2階部分をリフォームする場合、部分的なリフォームになるため、建物全体をリフォームするよりも費用が抑えられます。
また、工事部分が2階に絞られるため、仮住まいに引っ越す必要がありません。
多くの場合は1階で生活できるため、仮住まいを用意する費用や手間が省けます。

また、2階をリフォームすると2世帯住宅に容易に変更可能なこともメリットです。
2階にリビング、キッチン、風呂、トイレを用意するだけで完全分離型2世帯住宅を作れます。

*デメリット

2階部分をリフォームすると、どうしても1階と2階の内装の違いができてしまいます。
これは、内装を1階部分もリフォームするなどして対応可能です。
壁紙や床だけでもよいのでリフォームすると、家の統一感を整えられます。
しかし、2世帯住宅として完全に分離するのであれば気にならない点ではあります。

2階に部屋を増築する場合は、1階の補強工事を行う必要があるのもデメリットでしょう。
重さに耐えられるように1階の壁の補強工事を行うため、追加の費用がかかります。

□2階をリフォームして2世帯住宅にする場合の費用とは?

2世帯住宅のタイプによって費用がかかります。
完全同居するタイプの2世帯住宅の場合は、2階の間取りを変更して部屋を増やす程度で対応可能です。
比較的費用が抑えられるため、約1000万円が相場でしょう。
キッチン、トイレ、風呂などを2階部分にも設置したい場合は加えて200万円程必要になります。

住むエリアを分ける完全分離型の2世帯住宅では、玄関、キッチン、トイレ、リビングなどの設備をもう1つ作る必要があります。
そのため、完全同居よりも費用がかかり、1500万円程度かかります。

2世帯住宅リフォームを行う場合は、助成金を活用できる可能性が高いです。

・地域型住宅グリーン化事業の補助金
・長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金
・地方自治体独自の補助金

これらの補助金を活用できないか確かめてみましょう。

2階をリフォームして2世帯住宅にする場合の費用とは?

□まとめ

今回は2階をリフォームするメリットとデメリット、また2世帯住宅にリフォームするための費用について解説しました。
新潟市周辺で2階をリフォームをお考えの方は、当社にお任せください。
当社では、住む人全員が快適に過ごせるようなデザインアイデアをご提案いたします。
ぜひ、お気軽に当社までお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。