実家の二世帯住宅リフォームを検討している方へ!メリットをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

二世帯住宅へのリフォームを検討しているが、どのような利点があるか、どうやって間取りを考えれば良いのかお悩みの方はいらっしゃいませんか。

この記事では実家リフォームで二世帯同居するメリットや、二世帯住宅の種類について紹介します。
リフォームする前にぜひ参考にしてみてください。

□実家リフォームで二世帯同居するメリットとは

実家リフォームで二世帯同居するメリットとして、家の基礎や柱などの構造をそのまま使用できる場合は新しい家を建てるよりも、費用が安く済むという点が挙げられます。

新しい家を建てる際は何もない状態からのスタートになるので、基礎の部分に費用が取られますが、実家リフォームではそこにかかる費用を違う部分に当てられます。

例えばご両親が高齢になる将来を考えバリアフリーの家をつくることや、耐震性、耐久性を向上させ、安心して暮らせる家をつくるのも良いですね。

その他にも共働きの夫婦はお孫さんの子育てをサポートしてもらえるというメリットがあります。

遠方に住んでいるとお互い顔を合わせることが困難な時もありますが二世帯同居にしておくと、いつでも顔を合わせることが可能です。
ご両親の健康状態を把握しておけるのもとても魅力的ですよね。

□二世帯住宅の種類をご紹介

一般的に二世帯住宅の種類は3つあります。
ここではそれぞれのタイプを詳しく解説していきます。

*すべての生活スペースを分けるタイプ

こちらのタイプは玄関やお風呂などの共用スペースをすべて別にする形になります。

メリットとしてはお互いの生活に影響されることが少ないことが挙げられます。
デメリットとしては広い土地が必要であったり工事費用が高くなったりするという点です。

*部分的に共用するタイプ

こちらは玄関やお風呂は共用し、トイレは別にするなど部分的に分ける形になります。

メリットとしてはある程度プライバシーを守った状態が保てることが挙げられます。
デメリットとしては共用部分が少ないと工事費用が高くなるという点です。

*完全に同居するタイプ

こちらはすべての設備を共用する形になります。

メリットとしては工事費用が低価格で済むことや、設備を減らすことで生活スペースを広くとれることが挙げられます。
デメリットとしては生活サイクルが異なる場合にお互いにストレスをかけやすいという点です。

□まとめ

この記事では実家リフォームで二世帯同居するメリットや、二世帯住宅の種類について紹介しました。
二世帯住宅へとリフォームするなら、お互いが心地よく暮らせる家をつくりましょう。

リフォームをお考えの方で疑問点やご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。