実家をバリアフリーリフォームするポイントやメリットとは?注意点もご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
実家をバリアフリーリフォームするポイントやメリットとは?注意点もご紹介!

実家をバリアフリーにリフォームして快適な生活を過ごしてほしいという方も多いでしょう。
バリアフリーにすると、高齢の方だけではなく、若い方も安全に快適に過ごせるようになります。
今回は、実家をバリアフリーにするメリット、リフォームするときの注意点についてご紹介します。

実家をバリアフリーにリフォームするメリットとは?

□実家をバリアフリーにリフォームするメリットとは?

実家をバリアフリーにリフォームするメリットは、快適に過ごせる住宅になることです。
バリアフリーのリフォームとしては、手すりを設置したり、段差を無くしたりすることが挙げられます。

バリアフリーにリフォームすることは、高齢者向けというイメージをお持ちの方も多いでしょう。
しかし、バリアフリーにすると、妊婦さんや若い方にとっても怪我を防止できたり、快適に過ごせるようにできたりと、様々なメリットがあります。

ご両親が高齢になってからリフォームするのではなく、将来を見据えることが大切です。
今の生活も快適になるので、将来を見据えてリフォームしてみてはいかがでしょうか。

また、リフォームする際のポイントは、3つ挙げられます。

1つ目は、手すりの設置についてです。
年齢を重ねると、足腰が弱ってしまいます。
階段、トイレや浴室などの段差がある場所、スペースが狭い場所におすすめです。
家族の目に届きにくく、1人で使用することが多い場所に設置すると良いでしょう。

2つ目は、段差の解消についてです。
住宅の中は段差が大きいイメージがない方も多いでしょう。
段差は少ないですが、決して油断してはいけません。
転倒や怪我を防止するためにも、フラットな床にすることをおすすめします。

3つ目は、温度差を無くすことについてです。
ヒートショックについてご存じでしょうか。
暖房の効いた部屋から室温の低い部屋に移動したときに起こる症状です。
温度差が大きいと、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険性があるので注意しましょう。

 

□実家をリフォームする前の注意点とは?

では、リフォームする前の注意点としては何があるのでしょうか。

1つ目は、事前調査を行うことです。
リフォームのときに、補助金や制度が使える可能性があります。
自治体によって支援制度が異なりますので、お住いの地域の自治体制度について調べておきましょう。

2つ目は、早めに計画することです。
リフォームを行うとなると、全て計画通りにうまくいくわけではありません。
焦って計画すると、間違えてしまうことがあるので注意しましょう。

実家をリフォームする前の注意点とは?

□まとめ

今回の記事では、実家をバリアフリーにリフォームするメリットやポイント、注意点についてご紹介しました。
バリアフリーにリフォームをする場合は、早めに計画を立てるようにしましょう。
新潟市周辺でリフォームをお考えの際は、ぜひ当社までご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。