実家をリフォームして二世帯同居を検討中の方へ!メリットと注意点について解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
実家をリフォームして二世帯同居を検討中の方へ!メリットと注意点について解説します!

二世帯同居を始めるためにやっておいた方が良いことはいくつか存在します。
特に実家で同居する場合には、リフォームを行ってお互いに住みやすい空間を作るのがおすすめです。
今回は二世帯同居するメリットと実家をリフォームする際の注意点についてご紹介します。

実家をリフォームして二世帯同居するメリットとは?

□実家をリフォームして二世帯同居するメリットとは?

ここでは実家をリフォームして二世帯同居するメリットについて4つのポイントを解説します。

1つ目は、建て替えを行うよりも費用を抑えられることです。
リフォームの場合、既存の柱や構造、設備を活かせるため、建て替えを行うよりもコストを抑えられます。

2つ目は、親子が快適に暮らせることです。
もともとの実家の間取りは二世帯同居するように設計されていないので、そのまま暮らすのは難しいことが多いです。

リフォームを行うと、それぞれの世代のライフスタイルに合った居住空間を実現できるため、住みやすくなります。

3つ目は、孫の面倒を見てもらえることです。
これから子育てを迎える世代の方々にとって、経験者のサポートや知恵があるのはとても心強いです。
万が一外せない用事ができても、子どもを預かってもらうように頼みやすいので、安心できます。

4つ目は、両親に何かあってもすぐに対応できることです。
両親と離れて暮らしていると、健康面で心配な場合があります。
二世帯同居をしていれば、万が一病気になってしまっても面倒を見られます。

□実家をリフォームする際の注意点とは?

ここでは実家をリフォームする際の注意点について解説します。

*リフォーム費用をローンで支払う場合

リフォーム費用を確保するためにローンを組む際、実家の建物一棟を子ども名義で子ども自身がローンを組むケースがあります。

このとき名義変更時点で贈与税がかかりますが、贈与の仕方によって、贈与税がかからなかったり、税金の優遇を受けられたりすることがあるので、専門家に相談すると良いです。

*リフォーム費用を贈与してもらう場合

子どもがローンを組んで実家のリフォーム費用を負担する際、直系尊属から住宅取得等資金が贈与されれば、通常の非課税で受け取れる贈与額110万円をこえて、非課税でリフォーム費用を受け取れることがあります。

実家をリフォームする際の注意点とは?

□まとめ

今回は実家をリフォームして二世帯同居を行うメリットと実家をリフォームする際の注意点についてご紹介しました。
実家をリフォームして二世帯同居を行えば、安心して生活を送れます。
今回の記事を参考に、新潟市周辺で実家のリフォームをご検討中の方はぜひ当社までご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。