実家のリフォームをご検討中の方へ!おすすめポイントをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
実家のリフォームをご検討中の方へ!おすすめポイントをご紹介!

「実家をリフォームするにはどのような工事を行うのだろう」
「おすすめのリフォームが知りたい」
この記事をご覧の方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、新潟市にお住まいの方に向けて、実家をリフォームする際に検討するべき工事、またリフォームのポイントについて詳しく解説します。

実家をリフォームする際に検討するべき工事とは?

□実家をリフォームする際に検討するべき工事とは?

1つ目は、バリアフリーにすることです。
高齢になってきた両親が暮らしやすい住まいにしたいとお考えの方はぜひバリアフリーを取り入れてみましょう。
以下ではバリアフリーの内容とかかる費用を紹介します。

まず、段差の解消には1万から28万円ほどかかります。
また、手すりの設置は低コストだと5000円ほどですが、高コストだと18万円ほどかかります。
浴室の床を滑りにくい素材に変えるのには4万から20万円ほどかかります。

2つ目は、ヒートショック対策をおこなうことです。
具体的な工事内容は、浴室暖房や小型暖房機の設置などです。
浴室暖房は10万から40万円ほど、小型暖房機はトイレ、洗面所でそれぞれ5万円ほどかかるでしょう。

3つ目は、断熱性能を上げることです。
家の中が寒くて困っているという方には、断熱リフォームがおすすめです。
壁や天井、床下に断熱材を施工すると良いでしょう。
壁や屋根の断熱化、天井や床下の断熱化にはそれぞれ1平方メートル辺り4000円から3万円、4000円から8000円ほどかかります。

4つ目は、耐震性能を上げることです。
特に、1981年以前の建築物は、旧耐震基準に沿って建てられている可能性があるため、耐震性が低いことがあります。
そのため、耐震リフォームすることをおすすめします。
また、それ以外の場合でも耐震性に不安があれば、一度耐震診断を受けてみてください。

□リフォームのポイントを紹介します!

リフォームのポイントは住む人に合わせて行うことです。
高齢の方に合わせたリフォームでは、バリアフリーが必須でしょう。
また、二世帯住宅にリフォームする場合は、共有スペースのとり方が重要となります。
若い世帯の場合は、最新の設備を取り入れておくと、長く住みやすい住まいとなるでしょう。

リフォームのポイントを紹介します!

□まとめ

今回は、新潟市にお住まいの方に向けて、実家をリフォームする際に検討するべき工事、またリフォームのポイントについて紹介しました。
リフォームをご検討される際は、ぜひこの記事をお役立てください。
リフォームのことで何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽にお問合せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。