実家のリフォームに必要な予算とは?活用しやすい補助金制度もご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
実家のリフォームに必要な予算とは?活用しやすい補助金制度もご紹介します!

「実家のリフォームに必要な予算について知りたい」
新潟市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
リフォームにかかる費用は、どの部分を工事するかによって大きく異なります。
そこで今回は、部分別のリフォームの費用相場と、実家のリフォームで活用しやすい補助金制度についてご紹介します。

部分別のリフォームの費用相場について

□部分別のリフォームの費用相場について

ここでは、一般的な住宅における、部分別のリフォームの費用相場をいくつかご紹介します。
必要な予算を考える際に参考にしてください。

1つ目は、風呂、浴室についてです。
バスの交換は、金額が大きくなりやすく、100万円から150万円程かかります。

2つ目は、手すりの取り付けについてです。
手すりを取り付けるには、10万円から20万円ほど必要になります。
この取り付けはバリアフリー工事に該当するため、補助金を用意している自治体が多いです。

3つ目は、トイレについてです。
トイレのリフォームにかかる費用相場としては、30万円から50万円程といわれています。
機能性に優れた温水洗浄便座に変更した場合、金額が上がります。
温水洗浄便座を設けるための電源がない状況であれば、電源引き込み工事も必要になります。

4つ目は、外壁塗装についてです。
これは、リフォームの中でもかなりの費用が必要になる工事です。
相場としては、100万円から200万円程度といわれています。
原則として、この工事は補助金の対象にはなりません。

□実家のリフォームで活用しやすい補助金制度とは?

ここでは、実家のリフォームで活用しやすい補助金制度についてご紹介します。

1つ目は、バリアフリーリフォームです。
要介護・要支援認定を受けた家族がその家に住んでいる場合、バリアフリー改修に対して介護保険が適用されることがあります。
先程述べた手すりの取り付けや、段差解消の工事などが対象です。

2つ目は、省エネリフォームです。
省エネのためのリフォームも補助の対象になりやすいです。
自治体が独自に設ける制度が多くあります。

3つ目は、耐震リフォームです。
耐震改修工事や耐震診断にかかる費用に対する補助金制度は、多くの自治体で設けられています。
特に、1981年に建築された木造住宅は補助対象とされる可能性が高いです。

実家のリフォームで活用しやすい補助金制度とは?

□まとめ

本記事では、部分別のリフォームの費用相場と、実家のリフォームで活用しやすい補助金制度について解説しました。
今回紹介した費用の相場をぜひ参考にしてくださいね。
また、補助金制度もうまく活用しましょう。
新潟市周辺でリフォームをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。