実家のリフォームを検討中の方へ!リフォームのローンについて紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
実家のリフォームを検討中の方へ!リフォームのローンについて紹介します!

「ローンを利用して実家のリフォームをしたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか。
税金に気をつけておくと、お得に実家をリフォームできます。
また、ローンを組む際に知っておくと良いこともあります。
そこで、実家をお得にリフォームする方法とローンでリフォームする際のポイントと注意点をご紹介します。

実家をお得にリフォームする方法とは?

□実家をお得にリフォームする方法とは?

ここでは、実家をお得にリフォームする方法を2つご紹介します。

1つ目は、親から子へ売却して名義変更を行うことです。
子の資金で親名義の物件をリフォームする際、110万円を超えると贈与税が発生します。
贈与税の対策として、この方法が一般的です。
この方法では、購入するのは建物のみで良く、土地は購入しなくて良いです。

築年数が経過するほど、建物自体の価値は下がります。
そのため、築年数の経過した実家は低くなった固定資産評価額で買い取れます。
逆に築年数があまり経っておらず固定資産評価額が高い場合、親から子に売却した際、親に譲渡所得税が課せられる可能性があります。
よほど物件が新しくない限り譲渡所得税が発生することはありませんが、このような場合もあることを覚えておいてください。

2つ目は、親から子へ贈与して名義変更を行うことです。
この方法では、贈与税の対象となります。
しかし、前述したように、築年数が経過していると建物の価値が低下していることがほとんどです。
そのため、リフォーム費用にかかる贈与税と比較すると、名義変更の際の贈与税は安く抑えられることが多いです。

□ローンでリフォームする際のポイントと注意点とは?

ローンでリフォームする際のポイントと注意点についてご紹介します。

*ローンでリフォームする際のポイントについて

ローンでリフォームする際のポイントとして、ローンは住宅所有者の名義にしておくことが挙げられます。

バリアフリー化や省エネリフォームを行った際、リフォーム減税が適用されます。
リフォーム減税をローンで受ける場合、住宅の所有者自身によるリフォームでなくてはいけません。
また、前述したように、子の資金で親名義の物件をリフォームする場合、110万円を超えると贈与税の対象となります。
そのため、ローンは親名義で組んでおき、実際の支払いを子どもが行うのが良いでしょう。

*ローンでリフォームする際の注意点について

ローンでリフォームする際の注意点として、贈与によって名義変更を行う場合は相続時精算課税制度の利用を検討するということが挙げられます。
相続時精算課税制度では、直系親族間の贈与において、2500万円までは贈与税を一旦非課税とされます。
そして、将来相続される時点で過去に贈与された分を計上し、相続税を課税します。

納税を先送りしているだけのように感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、相続税は贈与税と比較すると税率は低いため、通常のように贈与税を課税された場合よりも納める税金は抑えられるのです。

ローンでリフォームする際のポイントと注意点とは?

□まとめ

本記事では、実家をお得にリフォームする方法とローンを組む際のポイントと注意点について解説しました。
今回紹介したことを参考に賢く実家をリフォームし、実家をこれからも住みやすい空間にしてくださいね。
新潟市周辺でローンを利用して実家のリフォームをしたいとお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。