実家をリフォームしたい方へ!ローンを組む際の注意点について解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市で実家をリフォームしたい方はいらっしゃいませんか。
その際に注意してほしいのが、贈与税です。
今回は、贈与税についてや、ローンを利用して実家をリフォームする際のポイントについて紹介します。

□贈与税とは

贈与税とは、親や子供、兄弟などから財産を受け継いだ場合に発生するものです。
しかし、「実家をリフォームする際になぜ関係するのか」と疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。
実は、親名義の実家のリフォームを子供が負担したとすれば発生します。

これは、子が親に財産を贈与したと解釈されるからです。
贈与税は、1年間に110万円以内であるとかかりません。
しかし、それ以上は金額に応じて課せられる額が高くなることに注意しましょう。
ここでは、実家リフォームを親名義の場合と子供名義の場合に分けて解説します。

1つ目は、親名義の住宅の場合です。
大半の実家は、親名義でしょう。
そういった場合に子供がリフォーム費用を払うと、贈与税がかかります。
子供がリフォーム資金を贈与したと見なされ、子供に税金が課せられる場合があるため注意が必要です。

2つ目は、子供名義の住宅の場合です。
親から子供に住宅を売り、リフォームをした場合には、持ち主は子供となります。
そのため、贈与税の対象外となります。

実家の価値が高ければ、譲渡所得税がかかる場合があります。
しかし、築年数がかなり経っている場合が多いため、課せられるケースは少ないでしょう。

□ローンを利用して実家をリフォームする際のポイント

ここでは、ローンを利用して実家をリフォームする際に注意する点を2つ紹介します。

1つ目は、ローンを実家の所有者の名前にしておくことです。
ローンに関しては、所有者の名前にしておくと有利になる可能性が高いです。
例えば、省エネリフォームやバリアフリーで利用可能なリフォーム減税を受けるには、所有者のリフォームである必要があります。
また、贈与税の面でも所有者がローンを組んだ方が税法上で有利です。

2つ目は、リフォームが少額なら、税金面を気にしすぎないことです。
贈与税は110万円以内であればかかりません。
そのため、1部屋の設備をチェンジするだけなら、子供の名義でも問題ないでしょう。
ただし、リフォーム減税は対象外となる点だけ注意しましょう。

□まとめ

贈与税についてや、ローンを利用して実家をリフォームする際のポイントについて解説しました。
親が所有者の場合は、この記事で紹介したポイントに気を付けて税金対策をしましょう。
実家をリフォームしたい方は、ぜひ当社にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。