平屋にお住まいの方へ向けて片流れ屋根のメリットを紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市で平屋にお住まいの方で、屋根リフォームについてお考えの方はいらっしゃいませんか。
そのような方に知っていただきたいのが、片流れ屋根についてです。
今回は、片流れ屋根とは何か、またそのメリットやリフォームのポイントを紹介します。

□片流れ屋根とは?

片流れ屋根と言っても、ピンと来ない人も多いでしょう。
まずは片流れ屋根の特徴を紹介します。

片流れ屋根とは、普通の三角形の屋根とは異なり、1枚で屋根をかけます。
名前の通り、片方に流れる形の屋根で、最近はシンプルやモダンな家に使用することが多いです。
昔よりも雨漏りに強く、採光も取り入れやすくなりました。

では、片流れ屋根のメリットは何でしょうか。
2つのメリットを紹介します。

1つ目は、太陽光パネルとの組み合わせが良いことです。
片流れ屋根は太陽光パネルとの相性が抜群です。
将来、蓄電池が普及すれば、発電した電気を自分の家で使うなど大活躍するでしょう。

2つ目は、外観との組み合わせが良いことです。
平屋は屋根と外観のデザインが難しいと言われています。

四角形の平屋で、屋根を切妻や寄棟といったシンプルなものにすれば、公民館のような印象となります。
そのため、家の間取りや屋根のかけかたで工夫する必要が出てきます。
しかし、その場合費用がかかるため注意が必要です。
片流れ屋根であれば、費用を抑えつつ、シンプルに屋根をかけても外観がおしゃれに仕上がります。

□片流れ屋根リフォームのポイントとは

最後に、片流れ屋根リフォームの押さえてほしいポイントを2つ紹介します。

1つ目は、勾配の角度を意識することです。
屋根を考える際には、勾配の角度に注意が必要です。
角度を急にすれば、雨漏りのリスクを抑えられたり、耐久性が強まったりします。
一方で、風への耐性が弱くなったり、施工にかかる費用が高くなったりするデメリットがあります。

また、屋根の形や勾配は見た目も大きく左右します。
それぞれの特徴を押さえつつ、最も良いと思うものを選びましょう。

2つ目は、信頼できる業者を選ぶことです。
片流れ屋根には昔に比べれば大分改善したものの、雨漏りのリスクがあります。

自分で雨漏りの対策をするのは難しいことです。
しかし、雨漏りが発生すれば修繕費もかかります。
そのため、リスクを減らしてくれる信頼できる業者選びが大切となります。

片流れ屋根には、今回紹介したこと以外のデメリットやリスクがあります。
信頼できる業者に頼めば、そういったデメリットやリスクを解消してくれるでしょう。

□まとめ

片流れ屋根とは何か、そのメリットやリフォームのポイントについて解説しました。
屋根リフォームをお考えの方はぜひこの記事を参考に、片流れ屋根について考えてみてはいかがでしょうか。
平屋リフォームをお問い合わせの方はぜひ当社にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。