新潟の冬を快適に乗り越えたい方必見!窓の断熱リフォームを考えてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

窓は、屋根や壁に比べて外気の影響を受けやすく、家の中に出入りする熱の割合のうち、夏は約70%、冬は約60%もの熱が窓からの出入りとなっています。
そのため、お部屋を暖かくしても、窓から外の冷気が流入してしまうことで、人が感じる体感温度を下げてしまいます。
今回は、空気の出入りが多い窓の断熱性をあげることで、快適に冬を過ごすことができるリフォームについて紹介していきます。

 

⬜︎窓の断熱リフォームをする3つのメリット

1.屋外の気温の影響を受けにくくなる

先述したように、建物における熱の出入りの多くは窓を介しています。
そこで、窓の断熱性をあげて、外気の熱の流出入を減らすことで、夏も冬も快適に過ごせる空間を叶えることができます。

2.光熱費が節約できる

「暖房が効きにくい」「冷房で冷えるまでに時間がかかる」といった悩みの原因は、窓の断熱性の悪さにあります。
空気の温度は、低い部分と高い部分がある場合にはその間で移動が起こり同じ温度に近づけようとする性質があります。
そのため、冬に室内を暖かくした場合は、冷たい窓の方へと温かい空気が流れていき、暖房が効きにくい状態となってしまうのです。
断熱性をあげることで、室内の保温性を高めたり、空気の侵入を防いだりすることで、冷暖房機器の効果を最大限に引き出すことにつながり、光熱費を節約することができます。

3.省エネルギーで環境にも優しい

冷暖房機器の効率を上げることで、省エネルギー化でき、地球にも優しいおうちにすることができます。

 

⬜︎窓の断熱リフォームをする3つの方法

1.ガラス交換

一般的な窓には、一枚板のガラスが使われているため、断熱性を上げるために窓ガラスを交換する方法があります。
中空層という隙間が存在する「複層ガラス」を採用することで、断熱性を上げることができます。
お手頃価格で施工も短期間で済みますが、既存サッシに納まらない場合は、アタッチメントを用いる必要があるので注意が必要です。

2.カバー工法

古いサッシを取り除き、枠を残したまま新しいサッシ(枠、ガラス障子)を取り付ける方法で、壁や床の工事が不要かつ断熱性を高められます。
しかし、既存の枠に新しい枠をかぶせるため、開口部が小さくなることに注意が必要です。

3.内窓の設置

断熱性の高い樹脂サッシを用いた内窓を、既存窓の内側につける方法です。
マンションでも施工可能ですが、開閉を2回行う手間が発生することに注意が必要です。

 

⬜︎まとめ

建物の中でいちばん薄く、冷気の出入り口となってしまう窓。
断熱性を上げることで、新潟の寒い冬を快適に過ごすことが可能になります。
経験豊富な施工業者に自宅にあったリフォームを施してもらい、過ごしやすい家を手に入れてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。