マンションリフォームで壁紙を変えたい方必見!張り替え時のポイントも紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市近郊にお住まいのマンショリフォームをご検討中の方で、壁紙をリフォームしたい方はいらっしゃいませんか。
壁紙は部屋の印象を大きく左右する重要な要素です。
今回は、壁紙の種類やマンションの壁紙を張り替える際のポイントを紹介します。

□壁紙の種類を紹介

ここでは壁紙の種類を3項目から紹介します。

1つ目は、素材です。
1番多いのは、ビニール製です。
リフォームでは、下地の凸凹を目立たなくするために厚さのあるものを使用することが多いです。

また、無地だけでなく織物調のものやコンクリート柄など様々なものがあります。
自分の好みに合わせて決めると良いでしょう。

2つ目は、色やデザインです。
色のバラエティーは鮮やかなものから柔らかいトーンのものまでたくさんあります。

また、デザインに関しても様々なバリエーションがあります。
壁紙を貼る部屋の使い道や好みに応じて、自由に選べます。

3つ目は、機能です。
壁紙は装飾のみならず、機能によってより快適な空間にできます。
壁紙が持つ機能によってその部屋の快適性をさらにアップさせる効果があるでしょう。

例えば、臭いを吸収してくれる消臭機能や汚れの染み込みを防ぐ防汚機能などです。
さらに、防カビや防菌、抗菌機能を持つものもあります。

□マンションの壁紙を張り替える際のポイントを紹介

最後に、マンションの壁紙を張り替える際のポイントを2つ紹介します。

1つ目は、カットサンプルで確認することです。
よくある失敗の1つに、カタログで見たサンプルの色と実際の色が違ったという例があります。
ではどうしてこのような失敗が起こるのでしょうか。

実は、色は小さな面積で見ると、実際より暗く見えるという特性があります。
実際に大きな壁や天井に貼ると、小さなカタログで見るより明るく見えます。
そのため、思っていた色と違うというトラブルが発生するのです。

そこで、選んだ壁紙のメーカーショールームにA4サイズのカットサンプルを依頼しましょう。
カットサンプルを取り寄せない場合でも、実際の家でカタログを見ながら選ぶ方法があります。
照明によっても色の見え方が違うため、正確性が増すかもしれません。

2つ目は、天井の壁紙を壁よりも明るくすることです。
屋根の基本となる壁紙は、白やベージュを選ぶ方が多いようです。
そこまで派手な壁紙でない限り、天井も白で違和感ないでしょう。

もし、部屋を広く見せたい場合は、壁の色よりも少し明るい色を選ぶことをオススメします。
これは天井に光が当たりにくく、影ができ、空間を引いて見た際に圧迫感があるためです。

□まとめ

壁紙の種類やマンションの壁紙を張り替える際のポイントについて解説しました。
壁紙選びの際はこの記事を参考に部屋の印象を良いものにしましょう。
マンションリフォームをお考えの方はぜひ当社までご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。