マンションリフォームでお風呂をお考えの方必見!注意点についても解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市近郊でマンションリフォームをご検討中で、お風呂についてお考えの方はいらっしゃいませんか。
マンションのお風呂をリフォームする際は、一般的な新築で必要な工事と違い、管理規約に気を付ける必要があります。
そこで今回は、代表的なお風呂のタイプやマンションのお風呂をリフォームする際の注意点を紹介します。

□代表的なお風呂のタイプ

まずは代表的なお風呂のタイプについておさらいしておきましょう。

1つ目は、ユニットバスです。
ユニットバスとはどのようなお風呂をイメージしますか。
多くの人は、1人暮らし用のアパートによくある、トイレとお風呂が一緒のものをイメージするのではないでしょうか。

しかし、これは間違いです。
正しくは、トイレと一緒になったお風呂は、3点ユニットバスと言われます。

ユニットバスの最大の特徴は、壁や床、浴槽がセットになっていることです。
水漏れが少なく、断熱性が高いというメリットもあります。

2つ目は、在来工法です。
これはユニットバスより設計が自由である一方で、断熱材の面でユニットバスに劣るでしょう。
最近のマンションではあまり見かけないものの、ユニットバスが普及する前に建てられたマンションならこのタイプが多いです。

□マンションのお風呂をリフォームする際の注意点

お風呂のマンションリフォームは配管にも関わるため、大掛かりな工事となります。
配管工事はマンション全体にも影響があるため、ある程度制限があります。
ここでは、気を付けてほしいことを3点紹介します。

1つ目は、管理規約です。
マンションであれば、リフォームに制限を設けている場合がほとんどでしょう。
水回りを変更するお風呂のリフォームはその点でも特に注意する必要があります。

2つ目は、移動ができない場合があることです。
お風呂の位置を変えたい場合は、換気ダクトや配水管を触る必要があります。

しかし、古いマンションなら移動工事ができない可能性があります。
そうでなくとも、管理規約によって禁止されている場合もあります。
これは、配水管を移動させることで、排水が悪くなり、水漏れが発生するリスクがあるためです。

3つ目は、マンションの階級です。
マンションにエレベータが無い場合は、業者が必要な材料を手作業で運ぶことになります。
その場合、リフォーム費用にさらに費用を加算される場合があります。
また、廊下が狭すぎて、運び入れ自体ができないことも稀にあります。

□まとめ

代表的なお風呂のタイプやマンションのお風呂をリフォームする際の注意点について解説しました。
お風呂のマンションリフォームをする際には、注意点に気を付けながら可能な範囲で行うようにしましょう。
マンションのリフォームで他にお困りのことは、当社にお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。