新潟市で洗面所リフォーム!そのポイントを教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「もっと洗面所を広くして、使いやすくしたい」
「掃除しやすい洗面台が欲しい」
このようお悩みの方はいらっしゃいますか?
洗面所は日々の生活シーンで頻繁に使用されるため、多くの方々がリフォームの検討をしています。
今回はそんな方に向けて、洗面所リフォームをする理由とそのポイントをご紹介します。

□洗面所をリフォームする理由

・「内装を湿気に強くして、水回りの掃除をラクにするため」
・「冬場のヒートショック対策として、洗面所に暖房機能をつけたかった」
・「収納機能を増やして、整理整頓しやすくするため」
・「エコリフォームで我が家を快適にしたかった」
以上のようにリフォームをする理由は様々です。
特に最近は、エコやバリアフリーを意識したリフォームが目立ってきています。
介護やバリアフリー、エコの理由でリフォームすると、地方自治体によっては補助金の支給があります。
制度を賢く活用して、出費を必要最小限にしましょう。

□洗面所リフォームのポイント

*洗面所のサイズを決める

洗面台のサイズは事前に確認するべきです。
洗面所リフォーム失敗例の1つに、洗面台の高さと自分の身長が合わず、腰を痛めた事例があります。
そのため、事前に洗面台の高さと周りのサイズを測り、使用する人の身長に合わせた洗面台を選びましょう。

*動線と搬入ルートを確保する

リフォーム後に生活の動線が確保できず、以前より不便になったという失敗談をよく耳にします。
ショールームの展示場では、会場の雰囲気で部屋の広さを誤解する場合があります。
部屋の広さを把握して、適したサイズを選びましょう。
また、生活の動線と同様、搬入ルートの確保ができない場合もあります
特に、ビルやマンションでリフォームを考えている方は、建物入り口から玄関までのルートを確認することが大切です。
事前に、動線と搬入ルートを確認して、きちんとスペースを確保しましょう。

*湿気に要注意

洗面所は脱衣所と共用になっていると、湿気が原因で、天井と壁にカビが発生し、鏡に水垢が付着しやすくなります。
湿気を防ぐために、洗面所の窓がない場合は、換気扇の設置や調湿作用のあるタイルを取り付けましょう。

□まとめ

以上のように、洗面所リフォームの理由とポイントを紹介しました。
新潟市での洗面所リフォームにはアートスタジオヴィヴィをおすすめします。
何気ない質問でも構いませんので、お気軽にご相談ください。
当社の経験豊富なスタッフが丁寧にサポートいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。