新潟市でリフォームをするなら、補助金の種類を知っておこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「新潟市でリフォームをしたいけど、どのような補助金があるのだろう?」
「補助金の種類や特徴を知りたいな」
このように、リフォームする際の費用にお困りの方はいらっしゃいませんか?
補助金を使って、リフォームの費用を抑えることができたら嬉しいですよね。
そこで今回は「リフォームにおける補助金の種類」をご紹介します。

□国の補助金制度

補助金の種類は大きく分けて二つあります。
国が運営している補助金制度と、地方自治体が運営している補助金制度です。
まずは、国が運営している補助金制度について見ていきましょう。

*バリアフリーリフォームのための補助金

介護の必要があると判断された人が住む住宅をリフォームする際に、補助金が交付されます。
最大18万円受け取ることができます。
ただ、補助の対象となる工事内容は決まっています。
また、手続きも複雑なので、事前に介護支援をしてくれる人に相談すると良いでしょう。

*省エネリフォームのための補助金

断熱性能や省エネ性能を高めるためのリフォームには補助金が交付されます。
現在、政府は消費エネルギーを減らす取り組みを積極的に行なっています。
そのため、省エネリフォームを促進するための補助金があるのです。
5万〜20万円程度支給されます。

 

□新潟市の補助金制度

では次に、新潟市が運営している補助金制度を見ていきましょう。

*子育て・高齢者支援 健幸すまいリフォーム助成事業

この事業では、子育てをする家庭や、高齢者がいる家庭に対して補助金を支給しています。
補助の対象となるリフォームは以下の3つです。
・バリアフリーリフォーム
・子育て対応リフォーム
・温熱環境改善リフォーム
それぞれのリフォームで受給できる金額の上限は、10万円です。
また、補助の対象となる世帯であるかどうかの基準がそれぞれに設けられています。
子育て世帯の基準は、「中学生以下の子供がいる世帯」です。
高齢者世帯の基準は、「60歳以上の方がいる世帯」です。

*障がい者向け住宅リフォーム助成事業

この事業では、障害者が安心して暮らせるように、お風呂やトイレなどをリフォームするための補助金を支給しています。
対象となる世帯は、身体障害者手帳1級または2級をお持ちの方がいる世帯です。
また、前年度の世帯員の収入の合計が600万円未満である必要があります。
所得税の課税状況にもよりますが、最大で50万円以上もらうことができます。

□まとめ

今回は「リフォームにおける補助金の種類」をご紹介しました。
国とは別に、地方の自治体にも補助金制度があることを知っていただけたと思います。
この記事を参考に、補助金を使ってリフォームの費用を抑えてみてくださいね。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。