新潟市の方に伝えたい! 補助金について解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「そろそろ自宅を建て替えようかな」
「でもどうやって資金を用意しよう」
近頃、ご自宅を建て替えたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、高額な費用がかかるため資金の準備が大変ですよね。
建て替え時には補助金がもらえることがあります。
この記事では、建て替えの補助金について解説します。

□補助金

建て替えには高額な費用がかかるため、少しでも負担を小さくしたいですよね。
住宅の建て替えは街並みに大きな影響を与え、経済効果も大きいため、促進するための補助金が多く存在します。
以下では、具体的な例を紹介します。

 

*木造住宅の耐震建て替え

自治体によっては、地震によって木造住宅が倒壊し被害が出ることを最小限にするために耐震工事に対して補助金が支給されます。
ただし、昭和56年5月以前に建てられたもので、2階以下であるなどの条件を満たした住宅が対象です。
また、耐震性が低く危険であると診断されている必要もあります。
金額は自治体によって異なります。

 

*ブロック塀解体の補助金

倒壊する恐れのあるブロック塀を解体する際の補助金です。
塀の長さや工事費用に対して一定の割合が支給されます。
ただし、上限があります。

 

*省エネ給湯器導入の補助金

省エネ給湯器を導入する場合、費用を一部負担してもらえます。
1台あたりいくらという形で支給され、国と地方自治体の両方から受けることもできます。

 

*雨水タンク設置の補助金

雨水タンクを設置する費用を一部負担してもらえます。
こちらも1台あたりいくらという形で支給されます。

 

*ZEH

ZEHとは太陽光発電などによってエネルギー収支を0以上にする住宅のことです。
ZEHに建て替えをする場合には、国の補助金を受けることができます。
金額は70万円です。
また、蓄電システムを導入する場合には設置費の3分の1と工事費5万円が補助されます。

 

*緑化工事助成金

東京23区などの自治体では、屋上や壁面の緑化を行う場合、補助を受けることができます。
杉並区の場合、1平方メートルあたり25000円ほどの補助を受けることができます。

□まとめ

以上、建て替えの補助金について解説しました。
建て替えには高額な費用がかかるので、これらの補助金をうまく利用して少しでも負担を小さくできるようにしましょう。
他にも様々なものがあります。ご自身が受けられる補助制度を探してみてください。
もちろんよくわからない場合はお気軽にお問い合わせください。
当社では、お客様に、より一層のご満足いただける住まいづくりのお手伝いをさせていただいております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。