新潟市近郊でリフォームをお考えの方へ!段差のリフォームについて解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「段差って、つまずくと危ないな。」
「家のこの段差を何とかリフォームしたい。」

このようにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
足を上げているつもりでも、思ったほど足が上がっておらず、ケガをしてしまうというケースがあります。
意識していないほどの小さな段差でも、転倒につながる危険性があります。
そこで今回は、新潟市近郊でリフォームをお考えの方へ、段差のリフォームについて解説します。

□段差を解消する場所

段差の危険性の対策をした方が良いのは、まずよく利用する場所です。
リビングのフローリングや、玄関などが挙げられます。
利用頻度が高いと、その分危険性が高くなります。
しかし、ご高齢の方がよく利用される場所を中心にリフォームを考えましょう。
2センチメートル程度の段差が一番つまずきやすく、これくらいならと油断する気持ちが一番危険です。
お風呂場などの水回りは、さらに滑る危険もあるので、少しでもリスクを減らしましょう。

□段差のデメリット

段差があることで、つまずくだけでなく、見栄えも悪くなります。
フローリングなどの場合は、リフォームで上から貼り付けるというケースもあります。
せっかくリフォームしたのに、段差で見栄えが悪くなって、というのは嫌ですよね。
また、段差のせいで、取り付けのクローゼットなども開かなくなるので、家の段差には様々な面で注意しましょう。

□段差のリフォーム費用について

*段差をなくす

段差をなくす手段としては、まず敷居をなくすことです。
周りの床と同じ高さの木を埋め込むことで、相対的に段差をなくします。
このリフォームには、段差の数や施行法にもよりますが、2万~15万円程度の費用がかかります。
この段差解消方法は、見た目としても目立ちづらくなります。

*スロープを設置する

スロープを設置する場合は、段差はそのまま改修はせず新たにスロープを設置します。
費用はどのような素材を使うかにもよりますが、2万~10万円ほどの費用がかかります。
スロープの場合は、あまり大きな工事はしません。
ちょっとした段差の場合は、自分で増設も可能なので、材料費のみが必要となります。

□まとめ

今回は、新潟市近郊でリフォームをお考えの方へ、段差のリフォームについて解説しました。
安全な家づくりのためにも、細かなところも意識しましょう。
当社は、新潟市を中心に新築やリフォームといった事業を展開しております。
何か今のお住まいに悩みのある方、リフォームについて相談してみたいという方は、一度お気軽に当社に足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。