新潟市で二世帯住宅にリフォームしよう!二世帯住宅の形態ごとの費用を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「二世帯住宅にリフォームしたいけど、費用がかなりかかるらしいし迷う」
「二世帯住宅の詳しい費用を知りたいな」
このように、二世帯住宅にリフォームするかどうか悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
まずは、二世帯住宅にリフォームする場合、どのくらい費用がかかるのかを把握することが大切です。
そこで今回は「二世帯住宅の種類別の特徴や費用」について解説します。

□完全同居型二世帯住宅とは?

二世帯住宅と聞くと多くの方が思い浮かべるのが、完全同居型の住宅です。
このタイプは、寝室以外は全て二世帯で共有する間取りタイプです。
水まわりやリビングなどの全てのエリアが二世帯間で共有されるので、かなりコミュニケーションが生まれます。
そのため、幼いお子さんがいる場合は、親世帯に面倒を見てもらえるので、かなり子育てがしやすいでしょう。

*どのくらい費用がかかるの?

先述したように、全てのエリアが二世帯間で共有されるので、他の二世帯住宅と比べて、費用はとても安いです。
リフォームをする家の広さにもよりますが、平均すると約1000万円程度でリフォームできるでしょう。
また、完全同居型は余計な光熱費がかからないため、生活コストも安くなることが考えられます。

 

□部分共有型二世帯住宅とは?

完全共有型の住宅とは違い、共有部分を限定してプライベート空間も作ることができるタイプの二世帯住宅です。
玄関や浴室などの一部分だけ共有するケースや、リビングやキッチンなどの大部分を共有するケースがあります。
共有するエリアを自由に選べるので、様々な要望に答えられるタイプです。

*どのくらい費用がかかるの?

部分共有型の場合は、約1200万円程度でリフォームできます。
共有する部分が多いほど、費用は安くなります。

 

□完全分離型二世帯住宅とは?

親世帯と子世帯の住むエリアが完全に分離している二世帯住宅です。
光熱費のメーターや、玄関も分けられているので、しっかりとプライベートを守ることができます。
しかしながら、何かあった時にはすぐに駆けつけることができます。

*どのくらい費用がかかるの?

土地の広さや、施工内容にもよりますが、約1500万円程度でリフォームできます。
まずは、業者に希望を伝えてみるのが大切です。

□まとめ

今回は「二世帯住宅の詳しい費用」について解説しました。
二世帯住宅のタイプによって、かなり費用が変わります。
この記事を参考に、ご自身の予算に合った二世帯住宅を選んでみてくださいね。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。